中学受験の塾はいつから塾選びをすればいい失敗しない?選び方や費用の比較はここがポイント!

中学受験の塾にはいつから通うべき?

中学受験を考えているご家庭は多く、その際塾に加入する方もたくさんいらっしゃるかと思います。

このように中学受験が増えてきた昨今、その対策をしてくれる塾も増えてきたことは確かで、中学受験の前に塾選びで苦戦しているご家庭も多いことと思われます。

まずはじめに悩むポイントとしては、いつから塾へ通うべきかわからないという方が多いのではないでしょうか。

一般的には、小学3年生の2月ごろから通うと良いと言われています。

では、なぜその時期から通った方が良いのでしょうか?

理由としては、小学校低学年の時期は勉強して頭に入れ込むことより勉強することの楽しさを学ぶことが重要視されており、高学年となる小学校4年から難関校への受験カリキュラムを組んでいる進学塾が多いことが理由として挙げられています。

低学年のように幼いうちは、詰め込んだり無理したりして学習することを強いず、楽しく無理なく勉強する力を身に着けていくことが推奨されており、この時期から進学塾に通っていると、「いい点を取らなければいけない」というプレッシャーを感じたり、単純に知ることへの意欲がなくなったり、マイナスな面が多く勉強嫌いになることが予想されるので、進学塾に通うことはあまりおすすめできません。

逆に、小学5年生ころから受験を意識して入塾すると、ほとんどの塾で小学4年生から受験カリキュラムが組まれているため、1年間のブランクを追い付くのに必死で、はじめのころは受験勉強どころでないことが予想されます。

このことから勉強疲れ・勉強嫌いを促進してしまうおそれもありますね。

塾によっては、個人の能力に沿った受験カリキュラムを構築しているところもありますが、やはりほとんどが小学4年生からのスケジュールとなっており、その時期からコツコツ積み上げていくことで合格に近づけるとも言えるでしょう。

では、小学4年になってすぐに入塾すればいいのでは?と疑問に思う方も多いでしょう。

なぜ小学3年の2月ごろが最適なのかと言いますと、これも進学塾のスケジュールと関係しているのですが、進学塾では先々の勉強をすることが多く、たいていは2月ごろから新学年の授業が始まるんです。

したがって、4年生の勉強が始まるのは、小学3年の2月ごろということになります。

これと受験カリキュラムを合わせて、小学3年の2月ごろから通うと良いと言われているんですね。

スポンサーリンク



塾選びで考えておきたい費用のこと!それぞれの塾を比較してみました

塾選びで、もちろんお子さんの合格が重要となるのですが、もう一つ重要な点があります。

それは、費用です。

塾の費用ってかなり高額なんですよね。

これもお子さんの合格のためだと思ったら安いことかもしれませんが、やっぱり費用のことは押さえておきたいところ。

目安としては、小学6年生の場合、1年間で毎月の授業料、夏期・冬期講習、教科書代、模試代、補習代などなど合わせると、年間およそ100万円の出費を見込んでおくといいと思います。

もし、推奨されている小学4年生からの入塾になると、受験までの約3年間にかかる費用はおよそ200万円とも予想されています。

では、わかりやすく比較するために、メジャーどころの進学塾の費用をおおよそですが紹介いたします。

◆日能研

入会、カリキュラムテスト、テキスト代などにかかる費用として50万円ほど、それに加えて、春・夏・冬の特別講習や単科講習も含めると、年間トータル90~100万円

◆市進学院

入会金・諸経費・受講月謝などにかかる費用として60万円ほど、それに加えて、春・夏・冬の特別講習などのオプション費として24万円を含めると、年間トータル84万円

◆SAPIX

入会・授業料・テキスト・テスト費用で58万円かかり、それに加えて、特別講習が6つ(春・夏・冬・ゴールデンウイーク・SS特訓(日曜の補習)・お正月)でおよそ57万円を含めると、年間トータル約115万円

◆四谷大塚

入会・月会費・受講月謝・教材費でおよそ68万円かかり、それに加えて、春・夏・冬の特別講習におよそ32万円、オプションで学校別対策授業を組み込むとプラス5万円ほどかかるので、年間トータル約105万円

以上、4つの進学塾の比較でした。

皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



塾に行かないという選択肢はアリ?塾に行かないなら教材はどうするの?

入塾時期や費用、塾の立地条件、塾とお子さんとの相性などによっては、塾に通わないという選択肢もあると思います。

中学受験するにあたり、絶対に塾へ行かなくてはいけないということはなく、塾に通わなくても合格するお子さんもいらっしゃいますので、その辺は安心できますね。

ただ、進学塾は志望校への合格ノウハウを知っていることも事実で、進学塾は中学受験をするのにとても心強い味方であるということも言えます。

では、塾に通わないといった選択をした際、どのように受験対策すればいいのでしょうか?

まずは、しっかりとスケジュールを組みましょう!

進学塾へ通い始める時期として、小学3年の2月ごろからと先ほども説明しましたが、塾に通わない場合も、このころから受験対策として勉強を始めるのがいいと思います。

目安としては、4年生から1年生から始まって復習を徹底的にし、6年生の1学期中には小学6年間のすべてのカリキュラムを終わらすことが理想と言われています。

そのあと受験までは、志望校の過去問など演習を解くといいでしょう。

苦手科目がある場合は特にスケジュール管理が大事となります。

スケジュール管理は親御さんが中心となってされた方が引き締まっていいと思いますよ。

次に、教材ですが、本屋さんでも中学受験の問題集がありますので、それを利用してもいいですし、今では通信教材も豊富ですので、是非活用してみてください。

中学受験に特化した通信教材として、Z会という講座を紹介しますので、参考にしてみてください。

【Z会の通信講座】

通常の受験コースですと、6年生で4教科の場合、1か月6,964円~受講可能です。

タブレットの講座もあり、自宅にいながら講師の授業を受けることも可能です。

こちらのコースだと、6教科セットで1か月7,440円~受講できます。

他にも、進研ゼミや四谷大塚などでも通信講座を開いているところがあります。

お子さんに合う教材があればいいですよね^^

最後に、スケジュール管理も親御さんがしっかり管理されることが重要ですが、最後までテストの見直しや採点まできちんと付き合ってあげてください。

試験となると、お子さんが1人で頑張ることとなりますが、孤独な闘いにならないよう、しっかりサポートしてあげてください。

自宅でテストをしたあとの採点をしてあげて、そのあと間違ったところの見直しや正解したところを褒めてあげるなど、受験勉強を頑張るお子さんに寄り添ってあげてください。

親御さんのサポートなしでは合格は困難です。

しっかりお子さんの受験と向き合ってあげてくださいね^^

中学受験終了!塾の先生へのお礼は必要?相場は?

さて、ここで受験が終了したあとのことを考えましょう。

進学塾に通い、受験勉強頑張って合格しました。

ここで、塾や先生方へのお礼はどうすればいいのでしょうか?

お礼となると、どうしても金品を想像しがちですが、ここでまず大切なこととして、きちんと受験合格の報告とお世話になったお礼を挨拶しておくことが重要となります。

これだけでも先生方は十分うれしいと思いますし、報われたて良かったなぁとジ~ンと感動してくれると思います。

実は、受験に際して、受験生であるお子さんが一番大変なのは言うまでもありませんが、塾の先生も教材の準備や前もっての予習、そしていかに受験生に理解してもらえるかの説明などで準備し苦労していることがたくさんあるんですね。

そんな先生方に、直接受験の報告とお礼を述べるということは、一番の恩返しだと思いますよ^^

どうしても会えない場合は手紙を送るというのもいいですが、できれば直接会ってお礼を言う方が喜ばれると思います^^

そしてこのとき、何かお礼の品物を渡したいといったときには、3,000~5,000円の菓子折りを持っていくと良いでしょう。

塾の先生方で食べられるように、小分けになった菓子折りだとさらにいいかもしれませんね♪

少し重さはありますが、缶飲料もおすすめです。

また、塾自体はあまり印象がなく、個人の先生に対してお世話になったのでお礼がしたいときは、塾に感謝を述べたあと、こっそり個人の先生を呼び出して別で渡したり、近くの駅や塾の前などで待ち伏せしてお礼の品物をお渡ししてもいいと思います。

お金を包む場合は1万円が相場だと言われています。

品物では、塾でも着られるワイシャツやネクタイを、もしくは先生がお酒が好きなら何か好きなお酒を、家庭教師の先生でしたら少しリッチなレストランでディナーを、などなどがいいのではないでしょうか♪

このときも、1万円前後のものが良いと思います。

品物だけでなく、お子さんからの手紙付きだと、さらに喜んでいただけると思いますよ★

中学受験後の塾や先生へのお礼についてお話しましたが、こちらも絶対に金品を渡さなければいけないという決まりはないと思います。

しかし、やっぱりお礼は直接伝えるべきだと思います。

受験が終わったら、まずは気持ちを込めて感謝を伝えてみてはいかがでしょうか^^

失敗しない塾選びのポイント

それでは最後に、塾選びに関して失敗しないポイントをお伝えしたいと思います。

失敗しないポイント①周りの友人が通っていることだけを理由にしない

塾選びをする際、「●●くんも通っているから」と塾選びの理由にしていませんか?

友人が通っている塾が悪い塾だと言っているわけではなく、友人がいるからこそ切磋琢磨して勉強できるということもあります。

しかしながら、この理由だけで塾を決めるのは大変危険で、友達の一人がその塾と相性が良くても、自分の子供はその塾と合うかどうかはわかりません。

友達が通っていることがわかれば、まずは体験や見学に行き、塾の雰囲気や学習姿勢、どういったカリキュラムを組んでいるのかなどチェックしておきましょう。

友人がいるからというだけではなく、さまざまなことを確認・考慮し、その塾に通うかどうかを決定してください。

失敗しないポイント②塾にかかる費用、特に月謝が安いというだけを理由にしない

先述したように、塾にかかる費用は高額となります。

なるべく安くしたいと考えている親御さんが多いことも事実だと思いますが、あまりにも安いところだと、それだけどこかを削減しているということになり、その対象として塾講師の給料を削減しているところも多く、失礼な言い方かもしれませんが、その分きちんと教えてもらえるか、とても不安な問題でもあります。

月謝が安い塾=講師の給料が安い=その講師は他の塾で雇用してもらえない講師である可能性がある=講師に何か問題がある・・・?と考えるのが妥当ですよね。

やはり有名な講師に対してはそれなりの給料で実績のある塾に雇われていることも多いですよね。

また、月謝が安くても教材や特別講習として追々高額な費用がかかり、結果トータルで見ると他の塾より高くなったというケースも。

こちらも月謝の安さだけで入塾を決定せず、費用に関してはトータルかかる料金を予想しつつ、塾の体験や雰囲気の確認、教材のチェックなどあらゆる情報を見てから、どの塾にするか決定するべきだと言えますね。

さて、塾選びをするにあたって失敗しないポイントを説明しましたが、いかがでしたか?

塾選びをする際に重要なのは、その塾に関してさまざまな情報を収集し、それがお子さんに合うかどうかを見極めることが大切です。

お子さんにとって良い塾が見つかり、そして合格につながりますように、お祈りしております!^^

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA