花粉症の肌荒れの対策で体内から改善して美肌を目指そう!

kafunn tabemono
花粉症の時期になると、肌荒れがひどくて悩んでいませんか?

肌荒れになっても化粧をしなくてはいけない時もありますよね。

体内改善や花粉症に効く食べ物や漢方など紹介していきます。

スポンサードリンク


花粉症の肌荒れの対策でいい食べ物は?

食べ物で肌荒れは完全に治るわけではありません。

しかし、症状を和らげることができる食材も多くあります。

・レンコンやゴボウ

食物繊維が多く含まれているので解毒作用が期待できます。

・ヨーグルトや味噌

乳酸菌は腸内環境を整えることができるので、免疫細胞を正常にすることができます。

・たまねぎ

たまねぎに含まれるケルセチンは花粉症を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える効果があります。

・青魚

EPAやDEAが多く含まれている青魚を取ることで、体の免疫が正常化します。

これらの食べ物を口に入れることによって花粉症の症状を和らげることができます。

逆に肌荒れがひどい時には避けた方がいい食べ物もあります。

・高タンパクな物

肉や卵、インスタントラーメンなど。

ホルモンのバランスを崩すような食べ物を取ることによって症状が悪化する場合があります。

・コーヒーや柑橘類

こちらも自律神経のバランスが崩れるため避けた方が良いです。

アレルギーによって食べてはいけない物などがあるので注意が必要ですね。

花粉症の肌荒れに漢方はどう?

一番有名な漢方は「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)です。

花粉症に効く漢方薬になります。

漢方も3ヶ月ほど飲み続けていても症状が改善されなければ、飲み続ける意味がありません。

体質改善にも漢方が良いとされていますが、その人にあった漢方を摂取していなければ意味がありません。

先生と相談するのも良いでしょう。

市販されている漢方で試してみても良いとは思いますが、何か月も飲み続けていても効果がないものもありますので注意が必要です。

肌荒れに飲むなら「チョコラBB」や「ビタミン剤」が多いですよね。

チョコラBBはビタミンBを含むビタミン剤になります。

ビタミンCを含む「チョコラBBスパークリング」もあります。

ビタミンを取ることによって肌の再生を促すことになります。

ビタミンが少なくなると、皮膚に栄養がいかなくなるので、肌荒れが悪化する場合があります。

ビタミンCを直接肌に塗ることは避けましょう。

ビタミンCは酸性なので、直接肌に塗ると肌荒れが悪化してしまうので注意しましょう。

スポンサードリンク


花粉症で肌荒れの時にどんな化粧品を使えばいい?

肌荒れの時にどんな化粧品を使っていいのか悩みますよね。

肌荒れがひどい時などは、刺激の少ない化粧品を使わなくてはいけません。

ビタミンCを直接塗ることは出来ませんが、別な物質で包みこんでいる化粧品もあります。

「DHC薬用V/C美容液」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DHC 薬用V/C美容液 25ml [507766]
価格:3210円(税込、送料別) (2017/9/1時点)

高濃度のビタミンCを取ることができます。

空気に触れると効果が薄れるので、それを防ぐために滴下チューブを採用していて直接肌に付けることも出来ます。

化粧品を選ぶうえで大切なことは、肌の状態に合わせて化粧品を選ぶことです。

オイルクレンジングなどを使うとメイクの落ちは良いですが、毎日使うと肌荒れの原因になります。

洗顔をする時にも指でこすり過ぎるのも肌を傷つけてしまう原因になります。

泡立ちがよく、泡切れの良い洗顔料を選ぶようにしましょう。

せっかく顔を洗っても泡切れが悪く、顔に洗顔料が残ってしまっては意味がありません。

まとめ

花粉症による肌荒れは体内から改善するのも、サプリを飲んだり、化粧品を選んだりして少しでも改善できるようにしましょう。

肌に悪い食べ物をわざわざ取るのは避けましょう。

漢方などを飲んでも良くならない場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA