クリスマスリースの作り方で100均のものを使う方法は?造花とかも使える?

xmas risu 100kinn
クリスマスムードが高まる12月。

お店では様々なクリスマスリースが販売されていますが、どうせなら自分好みのリースを手作りしたい!

そんな方も多いのではないでしょうか。

材料は100均で揃っちゃいます!

今年は手作りしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


クリスマスリースの作り方で100均のものを使う方法は?

一番簡単なのは、100均で売っている土台となるシンプルなリースに、自分で飾りつけをする方法です。

お店に並んでいるものを見てみるだけでもいろいろなデザインのものが販売されていますが、それを真似っこしてみるのも完成度が高くなりそうだし、

せっかく作るのだから自分好みの完全オリジナルリースを作るのもいいし、デザインを考えるだけでワクワクしてきますね。

・オーナメントをアクセントに

100均にはいろいろなテイストのクリスマスの飾りが販売されています。

自由に組み合わせをして、お好みのリースを作ってみてください。

ツリーに飾るための丸いボール型のオーナメントを大小張り巡らせたシンプルでスタイリッシュなリースも素敵ですね。

・造花をあしらって

クリスマスが終わっても年中使える造花のリースもおすすめです。

定番カラーの赤と緑もいいですが、ブルーをベースにして大人っぽく、銀や金をベースにしてはなやかでスタイリッシュにしても素敵ですね。

・松ぼっくりや木の実などを飾り付けて

100均もいいけど、無料で手に入る素材でナチュラルリースなんてのもいいですね。

松ぼっくりや木の実を子供と一緒に探しにいけば、思わぬアイディアがもらえるかもしれません。

・旬のお花をあしらって

クリスマスローズ、ポインセチア、ヒイラギなどのクリスマスのお花をベースにすると雰囲気が出て可愛らしいリースになります。

ポインセチアやヒイラギモチーフの造花はクリスマスシーズンになると100均の催事コーナーで販売されてきます。

あれもいいな~これもいいな~と迷ってしまいますね。

デザインを想像したあとは、そのデザインに必要な材料を考えてみましょう。

必要なものや材料

・リースの土台
・飾りに使う造花やリボン、オーナメント
・ハサミ
・グルーガンやボンド
・針金やワイヤー

材料や必要なものはこんなところでしょうか。

作り方は次の項で見ていきましょう。

スポンサードリンク


100均の造花でリースの作り方は?

基本の作り方は、ツタや竹で編んだ土台に、ワイヤーの付いている飾りならばリースの隙間に編み込み、付いていないものなら、グルーガンや接着剤でくっつけていきます。

モミの木なしで飾りつけをしていくならばツタでできた土台、そこまではいいやということならモミの木が既に付いている土台でOKです。

リース全体を飾る方法と、リースの一部にあえて余白を作って飾りの部分に視線を集中させるように飾りつける方法があります。

飾りの大きさや全体のデザインを考えながら飾り付けていきましょう。

作業手順です。

1.ベースのリースに、リボン等を巻き付けたりして、ベース自体の飾りを付けて置きます

2.一番ポイントとなる大きな飾りをグルーガンなどで固定しておきます

3.細かい飾りをバランスを見ながら固定しておきます

※注意点は、ベースの飾りが出来た時に、一度全体の飾りのバランスを置いて考えてから付けましょう

手作りのリースが出来たら、今年だけでなくて来年も再来年も飾るのが楽しみになりそうです。

まとめ

100均ハンドメイドのいいところは自分でデザインを決められることはもちろん、

作り方や要領を覚えれば材料費が抑えられるので次の年にまた別のデザインにチャレンジできることですね。

土台はそのままで、飾りだけを来年は増やしたり替えたり。

想像が尽きません!

低予算でお気に入りのクリスマスリースを作りましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA