自由研究に小学生でも簡単な工作の中でおすすめの貯金箱はコレ

tyokinnbako
夏休みと言えば、小学生にとってはワクワクするもの。

ただひとつ難点と言えば、大量の宿題たち・・・。

特に自由研究に関しては、貯金箱作りが定番化されており、お父さん・お母さんに助けを求める場合もあるかもしれません。

そこで、一風変わったアイデア貯金箱の作り方など紹介していきましょう。

スポンサードリンク


自由研究に小学生が工作で貯金箱を作るには

夏休みの宿題、自由研究・・・、小学生だと、だいたいは貯金箱作りを選ぶお子さんが多いと思います。

貯金箱作りは、もはや自由研究の定番となっていますが、すぐに作成できますし、比較的費用もかからないので、取りかかりやすいですよね。

牛乳パックなど家にあるもので作れてリサイクルもでき、さらに貯金もできるので一石三鳥ですね。

ただの牛乳パックの貯金箱イメージを作ってみました。←こちらはダウンロードできます。

参考にしてみてくださいね。

最近では、貯金箱作成キットもあるので、しっかりとした貯金箱を作ることもできます。

しかしながら、まわりも貯金箱を作ってくる子がたくさんいて、もうちょっと個性を出したいな・・・という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

貯金箱ひとつでもアイデア勝負です。

少し変わった貯金箱や、仕掛けのある貯金箱を紹介しましょう。

スポンサードリンク


自由研究の貯金箱のアイデアは?

皆さんは貯金箱と言ったら、どんなものを連想しますか?

ブタの貯金箱、キャラクターの貯金箱、●●万円貯まる貯金箱・・・。

さまざまなものがありますが、ただ貯金のため。

それだけでなく、仕掛けのあるものだと楽しく貯金できそうですよね。

自由研究で作るのも、簡単すぎても面白味がありません。

一風変わった貯金箱を作ってみんなを驚かせましょう!

例えば、入れたはずのお金が消えちゃう貯金箱、お金を入れると動く貯金箱、500円玉、100円玉など硬貨別に仕訳してくれる貯金箱などなど、さまざまなアイデアがありますよ!

でもそんな仕掛けがあるということは難しい作業になるのでは・・・と不安を抱く方も多いと思います。

しかし、そんなことはありません。

実は案外簡単に作れてしまうものなのです。

自由研究に貯金箱でからくり仕掛けのあるものを作ってみる

入れたはずのお金が消えてしまう貯金箱の作り方を紹介しましょう。

準備するものは、牛乳パック、鏡、色紙、カッター(ハサミ)、接着剤です。

鏡は、アクリルカッターでよく切れるアクリルミラーだと簡単ですよ。

まずは、牛乳パックを切っていきますが、このとき、完成品が箱になるように切ってください。

牛乳パックの底からだいたい7センチの部分を切り取りますが、すべての面を切ってしまうのではなく、フタ用に一面は残しておいてください。(エクセル「貯金箱1」の図)

このフタも7センチの長さにしておきます。

そのフタの面の真ん中にのぞき穴をカッターで切り抜きましょう。

次に、フタの部分に硬貨を入れるための穴をあけ、底の部分と側面に色紙を貼り付けていきます。

最後に鏡を斜めに入れるのですが、先ほど作ったのぞき穴の方に鏡の表面がくるようにします。

そして、フタを閉めて完成です!

鏡に映った部分が貯金箱の背面のように見えるので、実際にお金を入れると、鏡の裏の方に入るので、のぞき穴から見るとお金が消えるように見えるのです!

すごい仕掛けですよね!

単純にお金が消えるマジックとしても楽しめますし、中学生になって理科の授業のときに「光の反射」を学習しますが、その学習導入にもなっており、自由研究にもってこいだと思いますよ。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。
自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした19記事一覧ページへ

まとめ

さて、いかがでしたか?

今年の自由研究は、いつもと一味違う貯金箱を作ってみてはどうでしょうか。

力作を期待しています!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA