フクピカを黒い車に使うと傷だらけになってしまう?上手な使い方は?

私の車もダークな色で、細かい傷もよく目立ってしまいます。

洗車しないと砂ほこりも目立ってしまうので、届く範囲でこまめにクロス拭きをしますが、拭きムラがあって逆効果のときも。

そんな時に活躍するのがフクピカという簡単に洗車とワックスがけができるシートです。

今回はこの商品について、皆さんが不安に思っている使用感や使い方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



フクピカを黒い車に使っても大丈夫?

名前の通りフクピカは水洗い不要で、車体の拭き掃除とワックスが一度にできるという使い捨てながら画期的な商品です。

ですが、この便利さゆえの使用感にさまざまな意見もあるようです。

フクピカの使用後の仕上がりには、車体にさっと水をかけて砂ぼこりを流してからと水をかけずにすぐ拭いた場合と差が出ますね。

黒っぽい車に使用するなら少しでも汚れが残ったままフクピカで拭き掃除をしてしまうと、その汚れがキズの中に入ってしまい、逆にキズが目立ってしまうことがあります。

そうならないためにも、黒などの濃い色の車体に使用する場合は、面倒でも一度水洗いをしてからの方がいいかもしれません。

やはり黒い車は汚れが目立ちますので、フクピカの利点を生かすならば水で砂などの汚れを落としてから使用すればワックス効果がさらに高まるのではないかと思います。

水洗い後の仕上げ拭きは、このフクピカのドライタイプがありますので、こちらの使用も考えてみてはいかがでしょうか。

ドライタイプは水で濡らしても使えるので、今すぐ落としたいという汚れには使用できますが、黒い車体では傷がつくおそれがあります。

スポンサーリンク



フクピカは傷だらけにならない?

フクピカの成分としては、研磨材や石油系溶剤不使用ですので、車のボディにも使う人の手にも優しいといえます。

研磨材が不使用でも、車体にわずかでも汚れがあればそれが原因で、フクピカで拭いた後に傷が残ることがあります。

一度拭く前に、パッチテスト感覚で目立たない箇所を拭いてみることをお勧めしますね。

傷がつくようなら、やはりカーシャンプーで洗浄してからの使用にするか、この際使用を諦めて洗車・拭き取り・ワックスかけの手順にするかのどちらかを選ぶというのもいいのではないでしょうか。

薄い色の車体なら黒系よりは目立たないと思いますが、傷のつき方は同じです。

メーカーは、顧客の不利になる商品は基本販売しないのですが、誤った使い方はトラブルのもとになるのです。

傷を気にするのであれば、普段からこまめに拭き取りや水洗いをするのが一番いい防止策でしょう。

急ぐ場合や少ない範囲の使用でしたら、このフクピカは大変便利な商品といえます。

フクピカの上手な使い方は?

フクピカには、用途や使用する人の希望に合わせた商品がいくつかあります。

洗車・ワックスかけ・仕上げを基本とした使用感をほとんどの商品で実感できます。

使用後の仕上がりを見ればおわかりになるでしょう。

しかし時に拭きムラができてしまい、満足のいく仕上がりにならないこともあるのです。

こういった失敗をしないために、フクピカだけで済ませようとしないで手間になるでしょうが、事前準備のような作業をすることをお勧めします。

フクピカですぐ拭く前に、一度水で車体全体の汚れを流しましょう。

それからドライタイプのフクピカで拭くとあまりムラもなくピカピカになりますよ。

ワックス効果を重視したいなら、拭くだけで見事な艶がでる「フクピカ艶」もいいですね。

自分が重視したい仕上げに応じて選ぶことも出来ますので、効果を高めるためにも「使用前の水洗い」をしましょう。

そしてこのフクピカ、使い捨てシートとしてはかなり丈夫な素材なので、拭き終わってもすぐ捨てずに裏返して車内の足元やエンジンルーム内を拭くこともできます。

拭いているうちにワックス効果は薄れますが、湿り気があるうちは洗浄効果も残っているので、ここまで使えば捨ててもいいというほどまで使った方がいいです。

車内には水をかけられないので、水洗いしたいけど無理だなと感じる箇所には使ってしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

拭くとピカピカになることから、このネーミングになったのでしょうが、確かに拭いただけで洗車後にワックスをかけたような仕上がりでした。

濃い色の車体はどんな汚れもすぐに目立つので、簡単に汚れを落とすシートは大変便利ですが必ず試し拭きが必要のようですね。

自分の愛車のためにも、フクピカを上手に使っていつまでもきれいな状態に保ちたいものです。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA