スーツの袖を直したいときで短いから伸ばしたいときはどうすればいい?

会社で働くときや正装するときに、必要になるのがスーツです。

購入後、着たときに袖が短かったという経験がある方もいるでしょう。

また、古いスーツを直して着たいという人もいるでしょう。

では、スーツの袖を直すにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク



スーツの袖を直したいときはどうしたらいい?

スーツを購入するにあたっては、ほとんどの場合、試着をすることと思います。

試着の際に、全体のサイズ感や背幅、袖丈、裾丈などを確認し、格好良く着ることができるか、イメージに合うかどうかなどを確認するでしょう。

試着時に、袖丈が合わない場合、店員に依頼すると袖丈を直してくれるところは多くあります。

スーツ専門店などのスーツを取り扱っている店では、ほとんどの場合、袖丈や裾丈のお直しサービスを行っており、新規購入の場合には無料のところもあります。

また、中古であっても、店舗に持ち込むことで、有料とはなりますがお直しを依頼できるところもありますし、洋服のお直し専門店に依頼することもできます。

もちろん、自分で直すこともできますが、それなりの技術力は必要になりますので、不安な人はプロに任せると良いかと思います。

お直しを依頼すると、どうやって直すのか、長さはどの程度調整できるのかを教えてもらえますので、それを踏まえて要望を出せばいいのです。

袖部分で調整をすることが多いかとは思いますが、デザインによっては袖部分だけでの調整が難しいものもあります。

自分で直すことが難しい場合は、プロに相談してみましょう。

スポンサーリンク



スーツの袖が短い時の直し方は?

スーツの袖直しで多いのが、長い袖を短くする「袖丈詰め」ですが、短い袖を伸ばす「袖出し」もあります。

スーツの袖が短いときはまず、どのくらい伸ばしたいのか、どのくらい伸ばすことができるのかを確認して、具体的に伸ばす長さを決めます。

伸ばせる長さにも限界があり、1~2cmが伸ばせる限界となることがほとんどです。

袖を伸ばすには、もともとの袖にどのくらい余り生地があるかによります。

余り生地はそれほど無いことがほとんどなので、このように限界があるのです。

直し方は、袖口の糸を解き、縫いこまれてる生地を出すことで、長さを調整します。

それでも足りない場合は、肩から生地を出すという方法もあります。

全体のシルエットを崩さないように気をつける必要があります。

裏地との接合もあるので、袖の生地をぎりぎりまで出して、隠れる部分に生地を継ぎ足す方法もありますが、厚みが出てしまうこともあるため、あまりお勧めはできません。

生地の出す量が決まれば、アイロンで折り目をつけて、袖口に縫い目がでないように縫い合わせて完成です。

裏地がある場合も、基本的に糸を解いたところからの工程を元に戻せばいいのです。

はじめのうちは袖に折り目が残るかと思いますが、何度かアイロンをあてることできれいになります。

スーツの袖を直して伸ばすときはどんなことに気を付ければいい?

スーツの袖を伸ばすときに気をつけることは、全体のシルエットが崩れないかどうかです。

袖口だけ伸ばす場合であっても、袖がすぼまっているデザインですと、うまく直さないとシルエットが崩れる可能性があります。

また、中古のスーツの場合は、袖を伸ばしたときに、もともとの袖口の折り目やすり切れ、などが表にでてくることになりますし、生地の日焼けの程度によって、若干色味の境目が見えてしまう可能性がありますので、それらを完全に消すことは難しいと考えてください。

このようなデメリットを踏まえたうえで、お直しをするかどうかを決めてください。

袖丈に限った話ではないですが、お直しのサイズが1cm未満の場合には、着用後にお直しの効果を感じにくいですし、そこまで違いを確認できないことがほとんどですので、この場合は、費用の面からもお直ししないほうが良いでしょう。

このため、お直しをするのであれば、少なくとも1cm以上として、プロの方に相談してみてください。

シルエットを崩さないように、縫製等のそれなりの技術力があるのであれば、ご自身でお直しをされても良いかと思います。

まとめ

スーツの袖丈が合わないときには、お直しによって短くすることも長くすることもできます。

長さの調整範囲にはもちろん限界はありますが、プロに任せても良いですし、自分で直してもよいでしょう。

お直しを上手に利用して、格好良くスーツを着こなしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA