ペットボトルで浄水器を自由研究でするのに作り方は?どんな実験ができる?

 

人が生きていくうえで欠かせないものが水です。

水道の蛇口をひねると、キレイな水がすぐに出てくるので、水の重要性を感じることは少ないのではないかと思います。

災害時などのときに、ペットボトルなど身の回りにあるもので、キレイな水を作る方法があるのです。

夏休みの自由研究にぴったりのテーマだと思います。

スポンサーリンク



ペットボトルの浄水器の自由研究に必要なものは?

ペットボトルで作る浄水器は、家庭にあるものばかりで作ることができます。

・材料
 2リットルサイズの空のペットボトル
 細かく砕いた炭
 ティッシュペーパー
 小石

他に、ペットボトルをカットしたり、ペットボトルのフタに穴を開けたりするための、カッターナイフ、キリが必要になってきます。

炭は、活性炭をして売られているものもありますが、バーベキューなどで使ったものでも大丈夫です。

ティッシュペーパーは、フィルターとして使います。

小さく切ったタオルやふきんでもOKです。

これだけの材料で、浄水器を作ることができます。

スポンサーリンク



ペットボトルの浄水器の作り方は?)

①ペットボトルをカットします。

 底から1/3程度のところでカットして、2つに分けます。

②キリで、ペットボトルのフタに5か所穴を開けます。

 水が通りやすいように、中央に1つ、その周囲に4つといった感じで穴を開けて下さい。

 穴をあけたら、フタを閉めておきます。

③ペットボトルのフタのついている方を逆さして、フタのついている部分にティッシュペーパ⇒小石⇒炭⇒小石⇒ティッシュペーパーの順につめていきます。

これで、浄水器は完成です。

この浄水器では、炭の役割が重要です。

この炭によって、汚れた水が浄水されます。

ペットボトルの浄水器を使ってどんな実験ができる?

ペットボトルの浄水器で、炭の浄水効果を調べることができます。

泥水、絵の具を溶いた水、色の濃いジュース(オレンジジュースがおすすめです)を流して、ろ過された水の色の変化を観察して下さい。

炭には浄化作用があると言われていますが、この実験で具体的な浄水効果を知ることができます。

まず、自分で考えた水の色の変化の仮設をたててみます。

そのうえで、浄水器にそれぞれの水、ジュースを流してみます。

そして、流した水の色の変化を観察してみて下さい。

このときに、実験結果をよりわかりやすくするために、写真を撮っておくといいです。

また、炭の浄水効果を知るために、同じ浄水器の中に炭を入れないものでろ過させると、炭の浄水効果がはっきりとします。

これで、炭の浄水効果がわかります。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。

自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした24記事以上一覧ページへ

まとめ

夏休みの自由研究で、浄水器を作る方法を体験できれば、災害時などの有事の際に
人が生きていくために必要な水を作ることができます。

この浄水器でろ過しただけでは、水の汚れだけを取り除いているので、飲料水として使う場合は、煮沸消毒が必要です。

水の変化を知る体験、実験は、夏休みならではのものです。

ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA