平成の最後はいつ?正月はどう過ごす?年賀状はどんな風にしたら思い出に残る?

ついに平成も終わりが近づいてまいりました。

次の年号が気になるところですが、平成最後の正月、皆さんどう過ごしますか?^^

平成最後ということで、心に残るように有意義に過ごしたいですよね♪

今回は思い出に残る平成最後の正月の過ごし方や年賀状の書き方などをお伝えしたいと思います^^

スポンサーリンク



平成の最後はいつなの?

平成最後の日はいつなのかをお話する前に、どのタイミングで年号が変わるのかをご説明してまいりましょう^^

簡単に説明すると、天皇陛下が即位すると変わるんです。

通常、天皇陛下が崩御されたときに、皇太子殿下が即位され、年号が変わることとなっています。

しかしながら、現在の天皇陛下は、生前退位を希望されました。

退位されるのは2019年4月30日。

そして、新天皇陛下が即位されるのは、その翌日の5月1日です。

この新しい天皇陛下が即位される日から新しい年号が始まります。

よって、平成最後の日は、2019年、平成31年4月30日です。

まだ新しい年号については明らかになっていませんが、「平成」のように平和への祈りが込められるといいですね(*^▽^*)

スポンサーリンク



平成の最後の正月をどう過ごす?

平成最後の日がわかりましたね。

平成最後は4月30日ですが、平成31年1月1日の平成最後のお正月ですから、特別なお正月にしたい!と思っている方も多いのでは?^^

そこで、特別感が味わえる平成最後のお正月の過ごし方についてご紹介したいと思います♪

①初日の出を見に行く

なんてったって、平成最後のお正月です。

平成最後の初日の出も是非是非見たいところですね!(^^)!

思い切って、富士山への旅行をかねて、富士山から初日の出を見てみてはいかがでしょうか♪

②豪華にホテルで過ごす

日常から離れていつも宿泊することのないワンランク上のお部屋をとって、豪華にホテルで過ごしてみるのもいいですね^^

少しお金はかかりますが、平成最後の豪遊、してみてはいかがでしょうか( ´艸`)

③カウントダウンイベントに参加する

国内でも花火をあげてカウントダウンイベントが多く開催されています。

国内だけでなく、国外でもたくさんのイベントが催される予定なので、国外スケジュールもチェックしてみてはどうでしょうか♪

平成最後のお正月、海外で過ごすのも特別感があっていいですね!!

さて、特別感のあるお正月の過ごし方を紹介しましたが、平成最後だけど普段通り過ごされるのもいいと思います^^

特別なお正月にしようとすると、どうしても費用もかさみますからね・・・><

普段通り過ごす中でも、おせちを例年よりグレードアップしてみるとか、こういった方法で特別感も出せると思います♪

皆さんの思い出に残る平成最後のお正月になりますように・・・★

平成の最後の年賀状を思い出の残るようにするには?

年賀状に関しても、平成最後ということで、「平成31年 元旦」と書くのが最後となりますね^^

年賀状も凝りたい!という方もいると思いますので、平成最後の年賀状についてもお話していきましょう★

①これまで平成30年間の思い出の詰まった年賀状にする

平成は31年で終わります。

30年間もの間、たくさん思い出があるかと存じますが、その写真などをピックアップして年賀状にしてもいいですね♪

「あぁ、こんなこともあったなぁ」と思い出すことのできる年賀状になると思いますよ^^

②「平成31年」の文字を大きく書く

年賀状にはその年と元旦という文字を書きますが、いつも小さめの文字で書くことが多いですよね。

今回は平成最後ということで、31の文字を大きく書いた年賀状も面白いと思いますよ^^

是非参考になさってくださいね!!

・・・ちなみに、平成31年用の年賀はがきのデザインはもう決定されていて、いつもあるディズニーなどのキャラクターに加え、2020年に開催される東京オリンピックのキャラクターがデザインされたものもあるようです^^

平成最後の年賀状に向けて、皆さん準備を始めてみてはいかがでしょうか♪

まとめ

平成最後の日を中心に、平成最後のお正月の過ごし方や平成最後の年賀状について、ご紹介させていただきました。

平成最後と聞くと少し寂しい思いがありますが、新しい年号を迎えるということはおめでたいことだと私は思っています^^

平成最後の思い出を作りつつ、年号が変わった際には新しい気持ちで頑張っていきたいですね!

お読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA