結婚式のスピーチを上司に依頼するときの好印象なポイントは?

jyosi supi
結婚式の準備は入念に行なってパーフェクトな一日にしたいですね。

中でも、新郎または新婦のスピーチを上司にお願いするのは、一つの大きなステップと言えるでしょう。

家族や出席者に喜んでもらえるスピーチの依頼の仕方は?

また、御礼はいつ、どのように行うべきか?

上司に依頼をするタイミングや御礼の仕方など、好印象を持ってスピーチしてもらうにはいくつかのポイントがあります。

ここでは、晴れの日に備えて、誰にどのようにスピーチをお願い出来るかを検証しましょう。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチを上司に依頼

結婚式のスピーチは通常勤務先の会社の上司にお願いします。

社長がいる場合は社長に依頼して、上司には乾杯の音頭をお願いする事も出来るでしょう。

上司の方が身近にいるのでスピーチを依頼したいという場合でも、社長を差し置く事は無礼に当たるので控えておきましょう。

スピーチをお願いするタイミングは、結婚の日取りが決まってすぐから式の2か月前までが良いでしょう。

二人揃って御宅に出向き、結婚の報告とスピーチの依頼を同時に行う事が出来ます。

二人の名前と結婚する日付・場所を明確に記したメモを用意し、忘れずに渡すようにすれば上司の記憶の助けになります。

依頼の例文です。

「この度、〇〇と〇〇は、□月□日に、□□□□□□にて結婚式を挙げる事になりました。

お忙しい中で誠に恐れ入りますが、披露宴にて〇〇様に一言祝辞を賜りますようにお願い申し上げます」

上司が遠方にいる場合は、電話や手紙で報告する事も出来ます。

その場合は、結婚式の招待状と別に、スピーチの依頼文を記したカードかスリップを同封して、返信をしていただくようにしましょう。

忘れてしまう事がないように、依頼した日付をカレンダーにメモしておいて、数日後に確認するようにしましょう。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチを上司への頼み方

通常、結婚式のスピーチの依頼は、結婚式の日取りが決まってすぐに行います。

上司の都合に合わせて、新郎新婦両方が御宅に出掛け、結婚の報告と、スピーチの依頼をします。

好印象を与えるためには、スーツなど、フォーマルな衣装と手土産が欠かせません。

きちっとしていれば、上司もきちっとスピーチをしてくれる事でしょう。

また、手土産は高価である必要はありません。

糖分や塩分など食べ物に気を使っている上司には、花束や品物の方が喜ばれる場合があります。

上司の立場になり喜ばれる物を贈りましょう。

さて、結婚の報告が済み、スピーチの依頼を承諾していただけたら、次の段取りに進みましょう。

スピーチの依頼には以下のような事を伝えておきます。

①時間

5分ほどでお願いします。など。

②含めてほしい事

なれそめやお互いの長所

〇〇さんの優しさを垣間見る事が出来ました。〇〇さんはよく気の付く方です。など。

③含めてほしくない事

昔の恋愛や仕事で失敗した話など

④結婚式の流れ

大まかな結婚式の流れが決まっていれば、スピーチのタイミングなどもお伝え出来ます。

⑤感謝

大勢の前でスピーチをするのは大仕事です。

上司の準備や時間を割いてくださる事に、前もって御礼の気持ちを伝えましょう。

結婚式のスピーチをしてくれた上司へのお礼

結婚式もスピーチも滞りなく終わり、ホッと出来るのも束の間です。

スピーチをしてくれた上司には、すぐに御礼状と‟御車代”として1万円ほどを手渡すようにしましょう。

披露宴後その場で忘れずに渡すか、2、3日の内に御宅に赴くようにします。

その場合も、二人で御宅に行き、挨拶をするのがマナーです。

挙式後に新婚旅行に行く場合は、帰宅後にすぐ御宅に行き、旅行先の御土産を渡すと喜ばれます。

結婚式でバタバタしているかもしれませんが、スケジュール帳に記しておくと忘れずに御礼が出来るでしょう。

また、遠方から来てスピーチをしてくださった方には、御礼状と共に‟御車代”を送ります。

御礼状は以下のような例文を参考に、心から感謝している気持ちを伝えましょう。

「先日は大変ご多忙の中で私どもの結婚披露宴に御臨席いただき、また、御祝辞の御言葉を賜りまして誠にありがとうございました」

手書きの方が喜ばれますが、パソコンで書く事も出来ます。

その場合も文末には‟必ず手書きで”二人の名前を記しましょう。

まとめ

結婚式のスピーチは、親族や来賓者にとって特別な思い出に残る大切な部分です。

緊張の中で、笑いや涙を得られる温かいエピソードは特別な思い出となり、二人の心にいつまでも残ります。

上司に理想のスピーチをしてもらうためには、十分に前もってどのようなスピーチをしてほしいか伝える事が重要になってきます。

それぞれ忙しい中でスケジュールを調整していくためには、細かい計画と確認が重要です。

電話やメールでも連絡を取り合って、素晴らしい結婚式の日に備えて着々と準備を進めていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA