結婚式のスピーチで手紙を友人代表で読むときのポイントは!

yujinnsupi2
友人代表でスピーチを頼まれるということ、それは大切な友人だと認められているということです。

その友人の友情と信頼に答えるために、素晴らしいスピーチをしたいものです。

より感動的な演出をするために、手紙を読むというスピーチの形式もあります。

この場合のコツはなんでしょうか?

基本は通常のスピーチと変わりません。

しかし、手紙の良さや味があります。

それを最大に生かすスピーチをしましょう。

結婚式の手紙形式でのスピーチについて分かりやすくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチに手紙を友人に贈る

手紙形式で結婚式のスピーチをする場合のメリットはなんでしょうか?

ズバリ、手紙というカンペを読みながらスピーチができるということです。

そのため、スピーチの内容を覚えるのが苦手な方や、本番のスピーチになると頭が真っ白になってしまう方などにぴったりです。

また、手紙という演出によって感動的になるというのも大きなメリットですね。

さらに、スピーチの内容を手紙に書くという作業をすることによって、整理がしやすいのもポイントかもしれません。

手紙という形式だからこそ、友人への感謝の気持ちなどを表しやすいのもポイントです。

手紙を読み上げる時は、「今回は、手紙を書いてまいりました」と断りを入れましょう。

手紙を読みながらスピーチをしていると、ずっと手紙を見てしまいがちですが、適度に顔を上げて新郎新婦に顔を見せましょう。

また、手紙を読んでいると無意識のうちに姿勢が悪くなってしまいがちですから、スピーチの間は自分の姿勢に注意を払いましょう。

結婚式のスピーチの手紙の書き方

手紙形式でスピーチをする場合も、通常のスピーチと基本の構成は変わりません。

1 お祝いの言葉

2 自己紹介

3 友人の人柄が分かるエピソードなど

4 再度お祝いの言葉

5 結びの言葉

上記の構成で、手紙を書きましょう。

また、友人の人柄が分かるエピソードの部分だけを手紙にして、あとは口頭スピーチでもかまいません。

手紙はゆっくりと読んで3分程度で終わる長さにします。

短くお祝いの言葉を書き、そのあとは自己紹介になります。

自己紹介といっても、自分の話ではなく友人としての関係性などを中心とした内容にしましょう。

自分語りをしてしまうと会場がしらけてしまいます。

手紙の大部分を占めるのは、エピソードの部分です。

友人の人柄の良い部分が分かるエピソードを盛り込みましょう。

どうしてもエピソードがうかばない場合は、打ち合わせを兼ねて友人と思い出話をしたり、共通の友人に聞いてみたりするといいでしょう。

再度のお祝いの言葉の中では、結婚に対する明るい展望やお願いなどを入れましょう。

例えば「お二人ならきっと明るく幸せなご家庭を作れると思います」「○○さん、これからも□□さんを宜しくお願いします」などです。

スポンサードリンク


結婚式のスピーチの手紙の例文

□□さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。

ご両家並びに親族の皆さま、本日は誠におめでとうございます。

ただいまご紹介に預かりました、●●と申します。

新婦の△△さんとは、中学時代からの友人です。

本日は私の祝福の気持ちを手紙にしてまいりましたので、ここで読ませていただきます。

また、普段△△さんのことは、すずちゃんと呼ばせていただいておりますので、本日もそう呼ばせていただきます。

すずちゃん、結婚おめでとうございます。

すずちゃんとの思い出はたくさんあって、ここには書ききれません。

中学時代は、いつも2人で騒がしくしていましたね。

すずちゃんのいい所は、誰に対しても優しい所です。

どんな人でも広い心で包み込むような優しさを持ったすずちゃんに、私も何度も救われてきました。

本当にありがとう、すずちゃんにはいつも感謝をしています。

また、すずちゃんは責任感の強さも並ではありません。

中学では生徒会長をやっていましたが、生徒会の作業が増えたときも、一人でも残って仕事をしていましたね。

そんな忙しい中でも弱音を吐かず、私との遊びの約束にも遅れることもありませんでした。

そんなすずちゃんですから、家事も育児もばりばりとこなしてしまうでしょう。

ですが、たまには休んでご家族との時間も大切にしてください。

みんなすずちゃんが幸せになることを心の底から願っています。

□□さん、がんばり過ぎてしまうすずちゃんを見張って休ませてあげてくださいね。

お二人の幸せを心からお祈りをして、お祝いの言葉とさせていただきます。

ご結婚、本当におめでとうございます。

ご清聴ありがとうございました。

まとめ

手紙でスピーチをする良さは、手紙という形に残るということでしょう。

スピーチで読んだ手紙を友人へプレゼントをすれば、一生の記念品になります。

その手紙が2人の新たな絆になるでしょう。

それだけに、手紙を書く作業はじっくり時間を取りたいですね。

2人の関係や過去の思い出まで思いをはせる、そんないい機会でもあります。

結婚というめでたい席で、絆も深められるなんて最高ですね。

ぜひ、素晴らしい手紙を読んで素晴らしい絆を深めてください。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA