海の紫外線対策グッズ【髪と目の事も考えて!】必須アイテム

hiyakedome
今年ももうすでに4ヶ月がたち、あっという間にゴールデンウイーク、そして夏がやってきます。

外で活発に活動できるこの季節、あなたはきちんと紫外線対策はできていますか?

紫外線対策といっても、対策をするのは肌だけではありません。

髪の毛や目にも紫外線は影響してしまうのです。

外に出かける機会も多くなるこれからの季節、特に海のレジャーでの紫外線対策を、これから説明していきますね。

スポンサードリンク


海の紫外線対策で気を付けること

普段している紫外線対策で海に出かけると、思っていた以上に日焼けしてしまった、赤みも強く出てしまった、なんて感じている方が多いと思います。

それは何故かというと、太陽を浴びる時間が長くなっていること、肌が湿ったり濡れていたりするために紫外線を通しやすくなっていることなどが原因として挙げられます。

したがって、これらに注意していけば、海のレジャーも楽しむことができますね。

例えば、紫外線を通さない羽織物を一枚持っていくとか、帽子やパラソルなどの日除けツールを備えておくとか、

水に濡れても大丈夫なようにウォータープルーフの日焼け止めを塗るとかの対策で少しでも肌に紫外線を通さないようにしましょう。

ただし、気を付けなければいけないのは肌だけではありません。

海へ行った帰り道、髪の毛がパサパサになっていたり、目の充血や痛みを感じたりすることはありませんか?

実はそれ、紫外線のせいなんです。

ではこれから髪の毛や目の紫外線対策についてお話していきましょう。

スポンサードリンク


海で髪を紫外線から守るには

何故髪の毛がパサパサに傷んでしまうのかというと、海水には塩分、またその他の不純物がたくさん含まれており、

それが髪の毛にひっついて、髪の水分やたんぱく質を押し出してしまい、そこに紫外線を浴びてしまうことで、

普段の乾いている状態のときよりも何倍も紫外線の影響を受けてしまうことになるからです。

髪の表面のキューティクルがはがれ、手触りがゴワゴワになってしまうだけでなく、髪の毛の内部のメラニン色素やケラチンといったたんぱく質まで傷んでしまっているので、

パサパサになるだけでなく、髪の毛の色も変色してしまうのです。

これらを防ぐためにおすすめのグッズが二つあります。

一つ目は、『ラサーナ 海藻 UVスプレー』です。

これは、全身はもちろん、頭皮、髪の毛にも使えて、スプレーするだけで紫外線対策ができる優れものです。

二つ目は、『麦わら帽子』です。

直接頭皮や髪の毛にかかる影響も少なく、オシャレなデザインにもなっていますので、海だけでなく毎日使えそうなグッズです。

また、髪の毛についた不純物を取り除くために、海から帰ったらできるだけ早くシャンプーで髪を洗い流しましょう。

これで髪の毛の対策はバッチリですね。

続きまして、目の紫外線対策についてお話していきますね。

海の紫外線で目を傷めないためには

たくさんの方が経験したことがあると思いますが、目が日焼けをすると、炎症を起こして痛くなったり充血する症状が出ることがあります。

目の紫外線対策ってどうすればいいの?と疑問に思う方がたくさんいらっしゃるかと思います。

一番良い方法は、UVカット加工をしているサングラスをつけることです。

これは、メガネやコンタクトレンズも同じで、レンズにUVカット加工をしているものであれば、年間を通して目の紫外線対策をすることができます。

UVカット加工のサングラスなら何でも良いわけではありません。

フレームが大きく、自分の顔にフィットするものを選びましょう。

さらに、先ほども紹介した麦わら帽子もそうですが、ツバの広い帽子は目も守ってくれるので、サングラスと一緒に使うと効果的でしょう。

それでも目に炎症が起こってしまった場合は、目を冷やしてあげましょう

目を冷やすことで炎症はある程度抑えられます。

また、紫外線用目薬を併せて使用すると良いでしょう。

紫外線対策で車で効果的なグッズの記事はこちら

まとめ

以上、海のレジャーでの紫外線対策、特に髪の毛と目についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

万が一、対策をしていたが炎症がひどい場合等は、無理をせずに病院へいってくださいね。

楽しい夏を過ごしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA