自由研究に小学生の男の子や女の子におすすめの内容はコレ!

jiyuukennkyuu
夏休みの自由研究。

せっかくなら親子で

楽しめるようなものをチョイスしたいですね。

男の子と女の子、どんなものだと

興味を持ってやってくれるでしょうか。

簡単なものをまとめました。

スポンサードリンク


自由研究に低学年の男の子におすすめなものは

一番は子供が自分から興味を持って

取り組める題材を選ぶことが、

楽しみながら自由研究をする上で大切なことなのかもしれません。

子供がやっているのをそばで見ていると、

どうしても大人が手を出したくなるのが親心ですが、

本当にヘルプが必要なときにとどめておきたいですね。

「どうしてこうなるんだろう?」という疑問を持って

「結果を見てこう思った!」という

内側から出てきた素直な感想が

子供の好奇心や考察力を高めていってくれます。

【実験系】

「10円玉をピカピカにしよう!」

家にある調味料や洗剤に10円玉を漬けて

どれが一番汚れを落とすかという実験です。

用意するものは、汚れた10円玉数個、10円玉を入れる小皿等、

家にある調味料(しょうゆ、酢、レモン汁、マヨネーズ、

タバスコ、ケチャップ、洗剤など)。

1、 小皿に調味料や洗剤を出し10円玉を漬ける。

2、 1日置く。

3、 次の日にそれぞれを水で流して、
  どのくらいきれいになったかを観察する。

一体どの調味料や洗剤が汚れを落とすのか、

違いが分かって面白いですよ!

【集めるだけで完成するもの】

「町の葉っぱ(植物、虫)を集めてみよう」

夏休みというと、新緑の季節。

街にはたくさん種類の木々の葉っぱが溢れています。

葉っぱを採集して、図鑑と照らし合わせ、

自分オリジナルの葉っぱ図鑑を作るのも

コレクションが好きな男の子にはオススメ。

スポンサードリンク


自由研究に低学年の女の子におすすめのものは

【作る系】

「時間で変わる茹で卵」

キッチンタイマーを使って、

同じ鍋で茹で卵を作り、

3分、5分、7分、10分とゆで時間によって

どんな茹で卵ができるか記録します。

出来上がったら半分に切って、写真に記録します。

茹で加減別に、どんな料理に適しているかなどを考えて

簡単に出来そうなものを一品選んで、

お母さんと一緒に料理するなどすると、

想像力を育み、料理への関心が高まります。

【集める系】

・献立を集めてみよう

毎日の献立を記録して、

魚、肉、緑の野菜、その他の野菜などに分けて

どんな栄養があるのか調べてまとめます。

図書館に小学生向けの栄養の本などがたくさんあるので

その日の献立にどんな栄養があるのかを調べながら作れば、

食や健康への関心が高まります。

自由研究の低学年のまとめ方は

【タイトル:○○をやってみよう!(つくってみよう)】

・どうしてやってみようと思ったのか

・(作る系なら)設計図や完成予想図

・(実験系なら)予想

・材料(使ったもの)

・やっている過程(写真や絵を交えて)

・結果

・感想(どんなところが大変だったかなど)

毎日観察するものなら、ノートにまとめ、

一日で終わるものなら模造紙にまとめると

スッキリとまとまります。

文字だけだと、作る方も見る方も疲れてしまいますので、

写真や絵を適度に入れて作成すると、

見て楽しい、作って楽しいまとめになるでしょう。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。
自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした19記事一覧ページへ

まとめ

自由研究や自由工作には、

賞などがつきものですが、これは二の次。

子供が興味を持った分野に楽しくまたは真剣に

取り組んだということが学習の満足感に繋がります。

親からしても、子供が思わぬものに興味を持っていると

新たな発見があって面白いですよね。

親子で夏休みの自由研究を楽しみましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA