オーストラリアに入国の注意で持ち込み禁止のものや申告すればOKなものは?

nyuukoku australia
テレビなどでオーストラリアの入国の際に

「日本食が恋しくなりそうだから梅干しを持っていったら没収された!」

などの話をよく聞きますね。

オーストラリアに旅行に行く際に注意しておいたほうが良いことをまとめました。

スポンサードリンク


オーストラリアに入国の注意は?

オーストラリアでは自然保護の観点から持ち込みが制限されているものがあります。

実際に新婚旅行でオーストラリアを訪れたのですがタバコは申請すればOKと雑誌でみたので、夫のタバコを持って行ったところ

本数に制限があることを知らずにオーバー分を没収されてしまいました。

下記で簡単に持ち込みが禁止されているものと、申請が必要なものをまとめましたが、こういったことがないように、

オーストラリアに行く際はガイドブック等に従って注意しながら荷造りを行いましょう。

出国前にチェックしておきたいのが必要書類です。

パスポートの期限を確認して、オーストラリアの入国に必要なETASと呼ばれるビザを取得しましょう。

旅行会社を通じて行く場合は、旅行会社で手配してくれる場合もあります。事前にビザについて尋ねておきましょう。

ETASはインターネットで取得する方法が主流になってきています。

取得したあとは、ビザをプリントアウトして出国の際には手元に持っておきましょう。

必ずではないのですが、まれにビザの提示を求められることがあります。

オーストラリアの入国の際の持ち込みが禁止のものは?

テレビなどで、オーストラリアの入国の厳しさなどが良く特集されていますね。

大自然を守るために国をあげて対策をしているというのが伺えます。

オーストラリアで持ち込みが禁止されているものは以下の通りです。

~モノ編~

・生きている動植物
・種子、あるいは種子を使った工芸品及び土産もの
・土や砂
・繁殖力のある植物

~食べ物編~

・卵や卵製品
・牛乳や乳製品
・青果物すべて
・肉類と肉製品
・サケ・マス製品
・生のナッツ類
・日本の食料品でカレーのルーやインスタント味噌汁など

大体のモノが自然や生態系の破壊につながるから禁止ということが分かるものですね。

オーストラリアの食生活は日本の食生活とは大きく異なっていて、肉中心で、味付けが大味なことが多く、

更に数少ない日本食や中華料理の店に入っても、本家のものから遥かに遠いものが出てくることもしばしばあります。

私は現地の中華料理店でスイーツ並みにあま~いココナッツ味のラーメンに出会いました。

泣きながら食べました。

また、現地の日本料理店のメニューの「SASHIMI」のページに餃子やテリヤキチキンが掲載されているなど、奇想天外です。

そんな環境に置かれていると1週間程度の滞在でも、最後のほうでは

「フツーの味噌汁が飲みたーい!」

となってくる方も多いと思います。

日本から持っていける食品には制限がありますが、現地のスーパーでも日本のインスタントラーメンや調味料を販売しています。

どうしても日本食が恋しくなったら、スーパーで購入するのも一つの手です。

スポンサードリンク


オーストラリアに入国するときの申告すればOKのものは?

オーストラリアに入国する時に申請が必要なものは以下の通りです。

~モノ編~

・あらゆる形態の種子類
・皮、毛皮
・すべての木製品、木工芸、細工品及び骨董品
・ドライフラワー、松かさ、ポプリ
・スポーツ、キャンプ、ゴルフ用品など

~食べ物編~

・乾燥果物、野菜
・焼き菓子やケーキ類
・麺類、米
・紅茶、コーヒー、果汁、その他の飲料
・あらゆる種類の薬草、スパイス

機内で入国カードを配られるので、それに申請するものがあるときは記入します。

英語版が配られますが、キャビンアテンダントに頼むと日本語版がもらえるか、書き方を教えてもらえます。

現地に着いてから、税関で「Anything to declare?(何か申請するものはありますか?)」と聞かれるので、ないときは「Nothing」、あるときは「Yes」と答え係員の指示に従いましょう。

オーストラリアの検疫は他国に比べて特に厳しく、入国した際の検疫や税関でとめられると、出鼻をくじかれたような感じで、テンションが下がるので

特別な理由がなければ、食べ物や植物類は持ち込まないほうが無難です。

まとめ

このように、オーストラリアの検疫では日本からの持ち物を厳しくチェックされます。

日本の空港では日本の製品が免税の価格で安く販売されていますが、その免税の商品も量に制限があったりとなかなか厄介なところもあります。

しかし!そんな面倒さを切り抜ければオーストラリアの素晴らしい自然や街が待っています。

下調べをしっかりして楽しい旅行にしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA