クリスマスの料理で子供が喜ぶもので簡単できて豪華に見えるものは?

xmas ryouri kodomo
クリスマスはプレゼントも楽しみですが手作りのご馳走も楽しみの一つ。

普段とは一味違った料理と盛り付けで食卓をにぎやかにしましょう!

クリスマスらしい飾り付けのお料理のレシピや、簡単に品数を増やす方法も、忙しい時期だし取り入れたいところです。

ちょっとしたヒントで、オリジナルアレンジしたりしてみてくださいね。

きっとみんなの心に残るクリスマスのお料理が出来ると思いますよ。

スポンサードリンク


クリスマスの料理で子供が喜ぶものは?

定番のチキンはもちろん、グラタンやシチューなどは子供たちは大喜びですね。

栄養のバランスもとれるように、飾りとしての野菜やサラダもメニューに盛り込みたいものです。

いつもサラダは作っているし、少し違ったものをということでしたらカプレーゼやカルパッチョ、ピンチョスなどのフィンガーフードもおすすめです。

一番簡単なものだと、プチトマトとモッツアレラチーズとバジルを楊枝にさしてお皿に並べただけで、一品完成です。

普段はお箸を使って食事をとっている家庭だと、手を使って料理を食べるというだけで普段とは違った雰囲気を楽しめるので、子供たちもテンションが上がります。

普段の食事とクリスマスディナーの調理の違いは何と言っても品数が多いことです。

年の瀬で何かと忙しい時期ということもあって、時間をかけて一つ一つ作るのは至難のワザです。

ここは市販のソースなど使って、時短レシピで乗り切りましょう!

クリスマスの料理を簡単に作りたい

グラタンやピザなどはソースをはじめから作ると手間がかかってしまうので、パスタソースなどで代用すると、あまり時間をかけずに簡単に調理できます。

費用も削減出来て、一石二鳥です!

・フライドチキン

<材料>
鶏もも肉(手羽元) 人数分

<衣>
小麦粉  2カップ
ブラックペッパー  小さじ1
オールスパイス  小さじ1
塩  小さじ1

<揚げる前につける>
卵  適量
牛乳  適量

1、 衣の材料をボウルに混ぜておく。
2、牛乳と卵を別々のボウルに入れておく。
3、牛乳→卵→衣の順にまぶして200℃の油で揚げる。
4、15分ほどしっかり揚げて完成!

・グラタン

<材料>
マカロニ  70g
ジャガイモ  2個分
カルボナーラのパスタソース 200g
粉チーズ  適量

1、 ジャガイモをレンジで加熱しておく
2、 マカロニを茹でて、水気を切っておく
3、 1と2をグラタン皿に移し、パスタソースをかける
4、 粉チーズを振りかける
5、 200℃のオーブンで15~20分焼く

・ピザ

<材料>
市販のピザ生地  1枚
ピーマン  半分から1個
玉ねぎ  1/4個
ベーコン  2枚
ミートソースのパスタソース  1人前
(もしくはピザソース)
とろけるチーズ  適量

1、 ピーマンを輪切りに、玉ねぎを薄切りにしておく
2、 ベーコンは簡単に切っておく
3、 ピザ生地にミートソースを塗り、材料を飾り付ける
4、 チーズを載せて200℃のオーブンで15分ほど焼く

・ビーフシチュー

<材料>
シチュー用の牛肉  300g
玉ねぎ 1個
じゃがいも  1~2個
人参  1/2本
ハインツのデミグラスソース  1缶
ケチャップ  大さじ2
赤ワイン  100ml
水  300ml
コショウ  適量

1、材料を一口大に切る
2、牛肉をいためる
(くっつきやすいのでテフロン加工の鍋を使うか油をしっかりしく)
3、野菜を加えて炒める
(じゃがいもと人参は火が通りにくいのでレンジで加熱してもよい)
4、赤ワインと水を加えて肉が柔らかくなるまで煮込む
5、デミグラスソースとケチャップ、コショウを加えて
味をととのえたら完成!

・ツリーサラダ

いつものポテトサラダをツリーのように三角錐の形に高く盛り、てっぺんに人参を星形に型抜きして温野菜にしたものをつけて周りに装飾をするだけ!

食卓がグッとクリスマスらしくなりますよ!

スポンサードリンク


クリスマスの料理を豪華に見せるためには

大皿の中央に料理を載せて、ブロッコリーやプチトマトで飾りつけするのが定番の盛り付けですね。

大皿に盛り付けることで、洗い物も減るので楽チンです。

調理に時間がかかると、片づけがめんどうということもあると思いますが、100円ショップで可愛らしいクリスマス仕様の紙皿やコップも販売されているので、

いっそのこと今日だけと割り切ってそういった食器に頼るのもアリではないでしょうか。

特別感が強調されて、ワクワク感も倍増です。

まとめ

食卓にいつもとは違うご馳走が並ぶと子供たちも大喜びですね。

「クリスマスはこれ!」という我が家の定番メニューを作ると大人になってからも「そういえばウチはいつもアレだったなあ」と思い出深く、いつまでも記憶に残っているものです。

楽しいクリスマスの思い出を作りましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA