登山用の靴の選び方で初心者でも手入れが楽なものはコレ!

tozan4
昨今、アウトドアが流行っている。

山ガールにグランピング、さらにベランダグランピングまで、色々なシーンにアウトドアが入り込んでいます。

まぁ、そもそも私はキャンピングというのは手段で目的ではないと思っていたのだが、近年ではスタイリッシュになり、キャンプが目的になっているので複雑な気持ちですね。

取り分け低山登山が流行で、スタイリッシュに程よくアウトドアを楽しもうという表れでもあります。

とは言ってもアウトドア。

あまり生半可な気持ちで山に登るといくら低山とはいえ、大変な事になります。

ですから、今回は、アウトドアの基本である靴をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


登山の靴の選び方

まずは登山靴の選び方ですが、まずはどこに売っているでしょうか?

身近な所を言うと登山ショップや大型スポーツ店に取り扱いがあります。

一つ気を付けなければいけない事は、あまりネットでの購入はお勧めしません。

安全の明暗を分ける靴なので、一度履いてみてご自身の足にフィットするかどうかが最重要です。

ですから、実際に店頭で確認された方が良いと思います。

次に靴が自分にフィットする事を前提に、登山に求められる登山靴は、まずは滑らない靴である事。

滑りにくいのが重要です。

滑ると滑落の危険がありますし、それなりにソールがしっかりしていないと、整地されていない道を歩くには、非常に危険ですので気を付けてください。

あとはアッパーの硬さや通気性、防水性や靴のデザインがありますが、それは次に説明いたします。

登山の靴で初心者にいいもの

まず、カットの高さですが、ローカット ミッドカット ハイカットの三種類があるのですが、ミッドカットをお勧めします。

まずは一足となると中庸の真ん中が一番使いやすいです。

ローカットは足首があまり固定されず、初心者には使いやすいが危険を伴い、ハイカットは足首が固定されるが、慣れていないので危ないので、丁度、真ん中のミッドカットをお勧めします。

ソールは地面の凹凸を感じられる、少し柔らかめで滑りにくいものが理想です。

素材は皮やナイロン等の化学繊維がありますが、お手入れの楽なナイロン系をチョイスしましょう!!

スポンサードリンク


登山の靴の手入れ

登山靴を長持ちさせるにはメンテナンスがかかせません。

先ず、購入時は紐を外し、防水スプレーをかけて、ブラッシングしておきましょう。

使用後は泥を落とし、直射日光での乾燥は避けて、インソールを外しましょう。

綺麗になったのちに、防水スプレーをかけてまたブラッシングしておきましょう。

保管は人間が快適なのが靴も快適だと思って下さい。

ですので、直射日光のあたる場所や、高温になる車内での保管はやめましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は基本の基本という事でアウトドアの靴について少しお話しました。

靴だけでも、ここでは語りきれないぐらい奥が深く、それに装備と服装、そして登り方、そして最高の醍醐味である到達と多くの事・様々な行程があります。

そんな行程を楽しんでアウトドアライフを満喫してください。

私は食事に御執心で、色々なお手軽アウトドア料理にチャレンジしています。

そんな自分の心血を注げる楽しみがあると、人生もより豊かになっていきますよ!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA