スーツの寿命は何年ぐらい?長持ちさせる手入れの仕方はコレ!

su-tu3
大人なら様々な場面で着用するスーツですが、お手入れはしていますか?

お気に入りのスーツを出来るだけ長く綺麗に着たいですよね。

沢山洗い替えに着るような服ではないので、お手入れ方法を知って置きたいところです。

スーツの寿命って、そもそも何年くらいあるのでしょうか?

お手入れすることによって、それが伸びる事を期待しますね。

正しい手入れで、スーツを長持ちさせることが出来るんです。

スポンサードリンク


スーツの寿命は何年ぐらい?

スーツに関わらず、衣料品の耐用年数は法律で決められています。

例えばジャケットやブレザーなどでは、夏物で2年、冬物で3~4年が耐用年数です。

スーツでは夏物で3年、冬物で4年です。

ただし、耐用年数はスーツを着用する頻度や、着用してどのような行動をするかによって変化します。

1着のスーツを1週間ずっと着用する場合と、2着のスーツを1週間交互に着用する場合では傷み方が異なります。

また、何をもって寿命と呼ぶかは人それぞれですよね。

スーツの寿命の目安は「テカり」が現れ始めたらと言われています。

テカりは繊維が潰れてしまっている状態です。

テカりを改善する方法はいくつかありますが、いずれの方法を試しても改善が見られない場合は寿命と考えましょう。

スーツを長持ちさせる方法は?

多くのスーツは高価で、買い替えるには手間もかかります。

なるべく長持ちさせたいですよね。

当然のことですが、スーツを着たまま激しい運動をすると生地を傷めてしまいます。

また、頻回にクリーニングに出すことも物理的に生地を傷める原因になると言われています。

スーツを長持ちさせるには、1着のスーツを着まわさないことです。

1着のスーツを連日着用すると、1日の汗や水分が染み込んだまま次の日も着用することになります。

よって臭いやカビの原因にもなります。

スーツに染み込んだ水分は、生地を傷める原因にもなります。

同じ理由で、着用後は換気の良い室内で陰干しして保管することが長持ちさせる方法になります。

干すときは肩の形が崩れるのを防ぐため、ある程度の厚みを持ったハンガーを使用しましょう。

上下のスーツを干すためのハンガーには様々な種類のものがあります。

適切な頻度で適切なお手入れを行うこともスーツを長持ちさせる上で重要なことです。

スポンサードリンク


スーツの手入れはどうしたらいい?

スーツのお手入れはどのように行えば良いのでしょうか。

代表的な手入れの方法としてブラッシングが挙げられます。

私たちは毎日お風呂に入り、汗を流したり汚れを落としたりします。

スーツも同様に汗が染みたり、汚れが付着しています。

ブラッシングは簡易的に汚れを落とし、スーツを長持ちさせる目的で行います。

ブラッシングはスーツの毛並みに合わせて上から下へブラシを動かします。

この時、スーツはハンガーにかけたままです。

スーツのブラッシングには、洋服ブラシを使用しましょう。

ブラシの毛の材質はいくつかありますが、豚や馬の毛を使用した天然素材のものは静電気が生じにくいため最適です。

静電気を生じると、せっかくブラッシングしてホコリなどの汚れを落としても、再度付着してしまいます。

さらに、ブラッシングを行うことでスーツをよく観察することになり、劣化に気づくことが容易になります。

まとめ

高価なスーツですが、乱雑に扱うことで簡単に劣化していきます。

時にはお手入れをして長持ちさせましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA