恵方巻きコンビニ比較!美味しいのはあのお店。そして価格が安いのはここ!

ehoumaki-konbini
恵方巻は節分に食べると縁起が良いと言われています。

最近ではコンビニでも購入できます。

でも、全部回る訳にはいかないとは言え、どこのコンビニの恵方巻きが美味しいの?お得なの?って知りたいですよね!

どのくらいのコストパフォーマンスがあるのか、どんな品で揃えてあるのか。

特徴や、おすすめポイントなど、2017年の恵方巻きコンビニ比較をしてみましたので、参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク


恵方巻きをコンビニ別で比較

今回はセブンイレブンとローソンの恵方巻をご紹介します。

セブンイレブンでは2017年の恵方巻を5種類発売するようです。

一つは「福を呼ぶ七品目の恵方巻」です。

「福を呼ぶ七品目の恵方巻」は昨年も発売され、具材はきゅうり、厚焼き玉子、かんぴょう煮、シイタケ煮、蓮根、あなご、おぼろが使われていました。

今年も具材は同じであるようです。

また、ミニサイズの商品も展開されるようです。

「贅沢恵方巻」には厚焼き玉子、きゅうり、かんぴょう煮などは「福を呼ぶ七品目の恵方巻」と同様ですが、これらに加えてイクラやトラウトサーモンが具材として使用されています。

「華やぎの贅沢恵方巻」は贅沢恵方巻の1.5倍の長さです。

「牛すき巻 牛蒡しぐれ仕立て」には商品名の通り、牛すきや牛蒡などの野菜が含まれています。

「海老とツナのサラダ巻」はツナオニオンマヨネーズ和えに焙煎胡麻を加えています。

続いてローソンからも、5種類の恵方巻が発売されるようです。

そのうち、最もシンプルな商品は「恵方巻」です。

こちらは玉子焼き、きゅうり、かんぴょう、シイタケ煮、焼きあなご、おぼろ、高野豆腐が使用されています。

他にも「海鮮恵方巻」や「サラダ恵方巻」「熟成ロースとんかつ巻」、「極上海鮮恵方巻」が発売されます。

ファミリーマートでも例年恵方巻を発売しています。

セブンイレブンやローソンと同様にシンプルな「恵方巻」「国産牛焼肉恵方巻」、「海鮮恵方巻」が発売されています。

「ファミマプレミアム海鮮恵方巻」は玉子焼きやきゅうりのほか、マグロのタタキ、キングサーモン、海老、ズワイガニ、イクラが使用されています。

恵方巻きがコンビニで美味しいところは?

どれが美味しいかは好みが分かれるところです。

セブンイレブンで展開している恵方巻はシンプルなのが特徴です。

ミニサイズの恵方巻も展開しているため、お子様も一緒に楽しめるかもしれません。

ローソンから発売される「熟成ロースとんかつ巻」は具材はとんかつと薄焼き玉子のみであるためシンプルですが、厚みのあるとんかつを巻いているため食べごたえがあるようです。

ガッツリ食べたい方はこちらがおすすめです。

また、ローソンの「極上海鮮恵方巻」やファミリーマートの「ファミマプレミアム海鮮恵方巻」は、豪華な海鮮系の具材を使用しています。

本格的な海鮮のお寿司を楽しみたい方におすすめです。

ミニストップで発売される「恵方巻」は、東京築地中央卸売市場で人気の玉子焼き専門店「東京築地 大定」が監修した玉子焼きが使われています。

玉子焼きが大好きな方は是非お試しください。

スポンサードリンク


恵方巻きのコンビニの価格が安いのはどこ?

どこのコンビニが恵方巻を安く提供しているのでしょうか。

セブンイレブンでは「海老とツナのサラダ巻」「牛すき巻 牛蒡しぐれ仕立て」を税込み390円で販売しています。

「福を呼ぶ 七品目の恵方巻」のミニサイズは税込み298円です。

対してローソンでは、「恵方巻」「海鮮恵方巻」「サラダ恵方巻」を税込み390円で販売しています。

ファミリーマートでも「恵方巻」「海鮮恵方巻」を税込み390円で販売します。

390円という価格ではローソンが、他の2社に比べ1種類多く展開しています。

恵方巻の平均の価格ではセブンイレブンは550円、ローソンは530円、ファミリーマートは4種類で495円です。

最も価格が高いのは、セブンイレブンでは「華やぎの贅沢恵方巻」が950円、ローソンでは980円の「極上海鮮恵方巻」、ファミリーマートでは700円の「ファミマプレミアム海鮮恵方巻」です。

ファミリーマートの平均の価格が低いのは、他社に比べて価格が最も高い商品が700円と低めであることが理由です。

まとめ

ちなみに今年の恵方は北北西だそうです。

お好みの恵方巻で良い一年を過ごしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA