ミルフィーユ鍋のコツ!簡単にプロっぽく仕上がる重ね方の秘訣を公開!

mirufhi-yu-kasanepuro
野菜とお肉が一緒に食べられて嬉しいミルフィーユ鍋ですが、層が崩れてしまっていませんか?

せっかくの「ミルフィーユ」です。

きれいに仕上げたいですよね。

簡単で、プロっぽい感じに仕上がれば、お客様が来た時の手抜き料理だとしても、それなりに演出でカバー出来ます。

このコツを覚えて、ササッと作って、女子力(男性も?!)アピールしてみてくださいね。

スポンサードリンク


ミルフィーユ鍋のコツで重ね方はこうすれば失敗しない!

白菜とお肉を重ねたとき、層が崩れてしまう原因を考えてみましょう。

あなたが白菜とお肉を重ねるとき、白菜はどのような状態でしょうか。

生のままの硬い状態ではありませんか?

生の硬い白菜とお肉を重ねたとき、白菜とお肉の間にはわずかに空洞ができています。

白菜が生のままの状態で鍋に入れてしまうと、加熱していくうちに白菜が徐々に軟らかくなり、初めの層構造を保つことができなくなってしまいます。

全ての具材を鍋に並べてから水やだしを加える場合も同様です。

こんな時は白菜を一度加熱してみましょう。

加熱する方法は、電子レンジでも湯煎でもかまいません。

白菜を軟らかくしてから並べることで、鍋に入れてから加熱しても層構造を保つことができます。

白菜がシナシナであるため、お肉と密着しやすく並べやすいというメリットもあります。

スポンサードリンク


続いて、具材の詰め具合はどうなっているでしょうか。

具材と具材の間に隙間はありませんか?

具材の間に隙間があると、沸騰したときに生じる気泡により、白菜とお肉の層がはがされてしまうことがあります。

具材が踊ってしまうのです。

気泡が破裂する際に生じる力は意外に強力です。

ただし、あまり詰め過ぎてしまうと、食材に味がしみ込みにくくなってしまうことがあるため注意してください。

鍋にいれるつゆの量はいかがでしょうか。

入れすぎていませんか?

つゆを入れすぎると、具材が浮き上がり踊ってしまうことから、層が崩れやすくなるようです。

もちろん、つゆが少なすぎると味が十分しみ込まなかったり、焦げてしまうこともあります。

つゆは具材が浸る量であり、あまり浮かんでしまわないような量をおすすめします。

最後に、白菜とお肉の大きさはいかがですか?

小さく切りすぎていませんか?

具材をあまりにも小さくしてしまうと、先ほどの気泡の力により層が崩されてしまいます。

白菜とお肉は、食べやすい大きさでありながら、ある程度の長さを保ったまま並べると、この問題を解決することができます。

まとめ

ミルフィーユ鍋を上手に作るコツをいくつかご紹介しました。

重ね方にお悩みの方は是非お試しください。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA