卒業プレゼントで感動させるには手作りアルバムが一番。可愛く作る方法はこれ!


卒業する先輩に部活の後輩があげるプレゼントはどんなものがいいでしょうか?

3年間お世話になった先輩に感謝の気持ちを込めて送りたいものですね。

手作りのものなら先輩も感動してくれるはず!

喜ばれそうなものをいくつかあげてみることにしますね。

参考にしていただければうれしいです。

スポンサードリンク


卒業のプレゼントを手作りしたい。

手作りの良さは、同じものでも渡す先輩によって少しずつ違ったアレンジができるということですね。

部活の先輩の人数にもよりますが、あまり大人数の先輩が卒業されるのであれば、手作りで凝ったものを作るのは大変です。

なるべく簡単にできるものがいいですよね。

また、部員が何人もいるのであれば手分けして手作りするのもいいと思います。

字を書くのが上手な人はメッセージのメインの部分を書くとかイラストが上手な人は挿絵を書くなどして手作りで気持ちの伝わるものがいいですね。

卒業のプレゼントを感動させる手作りのものはどんなものがある?

卒業のプレゼントで手作りのものがもらえたら先輩方も感動するのではないでしょうか。

手作りといってもすごく凝ったものでなくてもいいと思います。

知り合いの子供さんが部活の先輩に贈ったのは寄せ書きでした。

寄せ書きなんて、ありふれていると思われるかもしれないですが、その寄せ書きは親さんたちからも集めたものでした。

その親さんがその子(卒業生)に贈りたい言葉を漢字で一言決めてもらって、それを字が上手な人が筆と墨で色紙の真ん中に書いて、周りの余白に後輩たちがメッセージを添えたそうです。

その色紙のプレゼントをもらった卒業生はすごく感動して泣いていたと教えてくれました。

これは親さんがその子(卒業生)を思う気持ちが漢字一文字に込められていて、さらに後輩からのメッセージがあってダブルで感動したのでしょうね。

すごく手が凝っているわけでもないけど、もらうと感動してしまうような手作りのプレゼントの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク


卒業のプレゼントに手作りでアルバムを可愛く作る方法は?

色紙もいいですが、一番おすすめは「手作りのアルバム」です。

部活なら先輩との思い出のシーンがいくつもあるのではないでしょうか。

スポーツ系なら試合などで活躍する先輩の姿や、一緒に戯れている写真などにメッセージをつけながら作ると楽しいですよ。

ただ、アルバムを作るには写真がいるので少し前から準備が必要になります。

学校にカメラやスマホを持ち込むことが難しい学校もあるかもしれませんしね。

その場合は顧問の先生に相談して写真を撮ることを協力してもらうようにお願いしてみましょう。

文科系なら発表会などのシーンもいいですね。

先輩の作品があるのであればそれも一緒に写しておくといいですね。

写真がそろったらアルバム作りですが、おすすめなのは黒い台紙になっているアルバムです。

アルバムも本当のアルバムでなくてもスケッチブックのようなものでもいいと思いますよ。

黒の台紙に蛍光のボールペンでその写真にあったコメントや思い出などを書くとすごく可愛くなります。

写真を貼るのはマスキングテープなどを使っても可愛いですよね。

大き目な台紙にスクラップして写真を貼り付けるか、L版サイズの大きさのミニアルバムに一枚ずつはってメッセージを書いてもいいですよね。

表紙には厚紙と綿(キルト芯)を布で包んでフワフワのもの手作りすると一段とオシャレになります。

どうしても写真がたくさん用意できない場合は卒業する先輩を囲んで集合写真をとってアルバムではなく100均などの写真立てに入れてその写真立ての周りをデコってもかわいいですよね。

まとめ

先輩との思い出はすごくたくさんあると思います。

楽しかったことや、厳しかったことなどもいい思い出ですよね。

卒業のプレゼントは先輩の門出を祝う気持ちで素敵なものを手作りしてみいてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA