車のヘッドライトの黄ばみを自分でどうにかできる?洗剤できれいになるの?

愛車のヘッドライトが黄ばんで汚れてきたかもしれない・・・。

業者へ洗車に出せばいいのか、でも愛車なので自分自身でなんとかきれいにできないか、費用の関係等々で困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

今回は、車のヘッドライトが黄ばんできたとき、自分できれいにできないか、市販で売られている洗剤できれいにできないかなど、お話してまいりましょう!

スポンサードリンク


車のヘッドライトの黄ばみが気になってきた!

何故自動車のヘッドライトは黄ばんでしまうのでしょうか?

原因として考えられるのは、ヘッドライトの材質です。

昔はガラス製のヘッドライトばかりだったのが、今は樹脂製がメインとなっており、ガラス製の頃に比べて紫外線に弱く傷ができたら劣化しやすい作りとなっているのです。

それに加えてレンズの内側の洗浄が難しく、解体したはいいものの元に戻すときには加工が必要である場合も多いようで、内側まで洗浄することは簡単にはいかないということになります。

そしてこまめに洗浄することを避け、さらにワックスなど長時間塗ったまま放置することで、車のヘッドライトはどんどん黄ばんでいってしまうのです。

ヘッドライトの黄ばみを自分でなんとかできるの?

この黄ばみをどうにか自分で解決したいですよね。

専門業者に出すと、10,000円~20,000円と費用がかさんでしまいます・・・。

ガソリンスタンドやディーラーなら、3,000円~5,000円と、専門業者よりは少しお手頃の値段です。

でも、やっぱり愛車なんだから、自分の手できれいにしたい!と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

皆さん安心してください!

自分で対処することもできますよ!

次項でおすすめの洗剤をご紹介しましょう!

スポンサードリンク


ヘッドライトの黄ばみにおすすめな洗剤は?

では、ヘッドライトの黄ばみにおすすめの洗剤をご紹介しましょう!

「金属磨き『ピカール』」です!

きれいにする作業の流れとしては、まずはヘッドライトをキレイに洗ってください。

次に、ヘッドライト周りをマスキングしましょう。

それから、ピカールを布、もしくはキッチンペーパーにつけて、ヘッドライトをよく磨きましょう。

黄色い汚れがつかなくなるまでこれを続けてくださいね。

さっきのものとは別に、きれいな布やキッチンペーパーでヘッドライトを拭き取り、最後にヘッドライト用のコーティング剤でコーティングして作業は終わりです。

意外と簡単にできちゃいますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

しかし、ヘッドライトを長持ちさせたい、または金属研磨剤で磨き上げることに抵抗のある方もいらっしゃると思います。

そんな方は、専門業者やディーラーにお願いすることもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA