忘年会の店選びのポイントや予約の時期や予算の平均をご紹介!

bounennkai miseerabi
忘年会のシーズンとなると、まず真っ先にしなければならないのはお店選び。

予算が適正で、しかもいいお店を選ぶとなると、幹事さんはなかなか大変です。

そこで今回は忘年会で使うお店選びのポイントをまとめてみました。

これを読んで、ステキなお店が見つかるといいですね。

スポンサードリンク


忘年会の店選びのポイントは?

忘年会でのお店選びですが、お店が多すぎて一体どれにすればいいのかわからない…

そんなあなたに選び方のポイントをまとめてみました。

まず、一人で何でも決めてしまわないで、周りの意見を参考にしたいところですが、漠然と「どんなお店がいい?」なんてうかつに聞くと、

相手は「何でもいいよ」とそっけなく返してしまいがち。

まずこちらでお店の候補を3つほど出しておいて、そこから女性参加の忘年会なら女性をターゲットに「どの店がいいか」とアンケートを取るのがいいでしょう。

候補に挙げるお店のポイントは

① 余興などで騒ぎがちになるので、個室・半個室・人数によっては貸切可能かどうか

② 冬はブーツをはいている女性が多いので、靴を脱がなくてもよいかどうか

③ 交通のアクセスが良く、年配の方でも地図をみてわかりやすい場所かどうか

④ 飲み放題の種類が多いこと

⑤ もちろん、お料理が充実していておいしい

この辺りを考慮にいれるといいお店選びができるでしょう。

忘年会の予約の時期は?

忘年会の予約って、いつごろからとればいいの?という疑問についてですがこれはずばり、繁華街で居酒屋の店長をしていた私の経験から、

大人数での年末の忘年会予約は10月頃からその問い合わせが入ってきます。

人気のお店では12月の週末の予約は11月にはいっぱいになっているということは当たり前。

あまりゆっくり構えているとせっかく探した候補のお店はすべて予約でいっぱい…なんてことになってしまいます。

まず、忘年会の幹事の打診があり、大体の出席人数がわかれば、まず一番にお店を抑えておきましょう。

時期は1カ月前まで。

たいがいのお店は多少の人数変更は予約日の前日までなら対応してくれますが、繁忙期なので、予約時にいつまでが人数変更可能かは必ずそのお店に問い合わせておきましょう。

突然の人数変更はキャンセル代ととられたり、お料理の数や席が足りなかったりと、お店にも迷惑をかけますし、参加した人たちにも残念な思いをさせてしまいますよ。

スポンサードリンク


忘年会の予算の平均は?

忘年会の基本予算について調べてみると、忘年会希望予算は、3000円~4000円未満希望の方が一番多いのですが、

僅差で二番目に多いのが5000円~6000円未満希望となっていて、 どうやら予算の二極化傾向があるようです。

これは、節約志向の方と、忘年会なのだから思いっきり楽しもうよ、とする方の二極化がそのまま金額に表れているといったことが言えます。

男女別で見てみると、

男性は「4,000円~5,000円未満」が最も多く、女性は「3,000円~4,000円未満」が最も多かったです。

会社等お付き合いの忘年会に対し女性の財布のひもはなかなか固いようです。

ですので、可能であれば、男性、女性で少し負担額を変えてあげると女性社員の参加は増えるのではと考えられます。

それが無理であるなら、希望予算の3,500円~4,000円がベスト

いずれにせよ、プライベートでない忘年会の場合、重要視されるのはそのお店の雰囲気や料理の質より、会費が予算内におさまるかどうかというのが一番なので、

お手頃なお店を選ぶようにしましょう。

まとめ

以上、忘年会の幹事あれこれをまとめてみましたが、ポイントは、早く、正確に、周りをよく見て行動するのが一番!

あ、でもこれって、考えてみると仕事への姿勢と全く同じですね。

ばっちり決めて、会社の仲間の評価をゲットしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA