忘年会の景品のアイデアはなにが人気?ビンゴゲームの盛り上げは?

bounenkai keihinn
忘年会の幹事、当番が回ってきてしまった!困っている!という方。

結構いらっしゃることと思います。

せっかくの楽しい行事を盛り上げるのが、ゲームなどの企画もの。

それに付いてくるのが、景品ですよね。

会社の忘年会でのアイデアや、景品選びの喜ばれるものについて書いてみました。

スポンサードリンク


忘年会の景品でどんなアイデアがある?

忘年会と一言で言っても、そこに参加する方々の年代や予算、ノリなど例年がどうだったかなどなど、一筋縄では行かないことと思います。

景品では、もらって「これは。。。」というものが当たってしまった経験のある方は是非避けたいところですね。

また、こんなものをもらったら、嬉しかった!面白かった!という所は、その当たりのノリも踏まえて取り入れたいところでしょう。

幹事さんのセンスが問われる、ちょっとプレッシャーに感じる方も多いとは思いますがせっかくのチャンスですので、楽しく選んで喜んでもらえると良いですね。

予算に合わせたり、面白い景品を考えているなら、ギフト専門サイトのランキングなどを利用すると簡単に探せそうです。

下記にリンクを貼ってありますので、参考にしてみてくださいね。

こんな時こそ笑いを!という幹事さんにもピッタリな商品が見つかるでしょう。

また、手堅く普通に高級肉が送られてくるっていうのも嬉しいものですね!

自分ではちょっと買うのを躊躇するようなものが、喜ばれるかもしれませんね。

忘年会の景品で人気があるのはなに?

先ほども書きましたが、売れ筋のランキングなど、人気のある景品はサイトを利用すると見つけやすいでしょう。

最近、200人ほど集まるパーティに出席したのですが、チケット系ではディズニーランドやUFJ等、テーマパークのペアチケットや、旅行なんていうのもありました。

また、松阪牛のセットなんていうのもありましたよ。

やはり、景品で「おお~!!」っていう歓声が上がっていました。

他には、現金総取りのじゃんけん大会が盛り上がるというのを聞いたことがあります。

大人なので500円くらいでやってみたいと思う方もいるかもしれませんね。

こちらは法的に引っかかる恐れがあるので気を付けましょう。

金券やギフトカードなどは、現金総取りではありませんが、使い道がありそうです。

ただ、あまりにもストレートなので、どうかな?と思う幹事さんもいらっしゃるでしょう。

忘年会が年末にある、ということを利用して、年末ジャンボ宝くじを景品にする、ということももしかして!の期待を込めて盛り上がりそうです。

景品のランク毎に、3枚、5枚、10枚などと増やして使うというテもありますよ。

スポンサードリンク


忘年会の景品 ビンゴゲームでは何が盛り上がる?

忘年会でよくあるゲームとしては、ビンゴゲームが王道でしょう。

こちらは、会社以外の会などでもよくありがちなゲームです。

全員に当たるように考えると、最後の方は景品の予算は100均を利用する場合も多いようです。

せっかくの忘年会、楽しむことを優先して、100均のパーティグッズをその場で使ってもらえるようなモノを選ぶのも面白いですね。

被り物、メガネ、カツラ、音のなるもの、カチューシャなど、その時だけしか使えなくてもその場をそれで盛り上げてもらいましょう!

普段とは違った、上司の姿に、打ち解けることも期待できるかもしれませんよ。

また、それがまったくウケそうにない場合は、ちょっと避けた方が良いかもしれませんね。

司会進行も、盛り上げには大切な役割。

自分で「この人なら」という方に、ちょっとだけ振るっていうのもアリかもしれません。

あらかじめ、打ち合わせしてお願いしておくと、自分も安心ですね。

ギフト専門サイトのランキング

まとめ

1年の最後、しめくくりの忘年会。

幹事を仰せつかった皆様には、プレッシャーと頭が痛い思いをされているかもしれませんが、それはきっと、大切な役目を担うにふさわしいと選ばれた証拠。

来年の英気を養うためにも、1年の疲れを吹き飛ばすためにも、是非盛り上がって楽しいイベントになるよう参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA