インフルエンザの時の過ごし方で子供の場合、熱が下がった後や家族はどう過ごす?

infuru kodomo
かぜやインフルエンザの季節。

予防してたのに!我が子がインフルエンザにかかってしまった!

そんなとき、親や家族はどう接したらいいの?

そんな疑問におこたえします!

スポンサードリンク


インフルエンザの時の過ごし方で子供がかかった場合

インフルエンザと普通の風邪の症状の大きな違いは、感染力の強さと38度を超える高い熱が一気に出ることです。

「なんだかおかしいな…」と思ったら、まずは病院を受診して、きちんと薬を処方してもらいましょう。

症状を説明すると対処薬と抗インフルエンザ薬を処方してもらえるので薬を飲んで様子を見ましょう。

特に小さなお子さんはインフルエンザによって脳炎や脳症などを引き起こす可能性もありますので、

「たかがかぜみたいなもんだし…」

といって甘くみないほうが良いでしょう。

看病するお母さんもマスクを着用して、感染してしまったお子さんがいる部屋に行った後は、十分に手洗いうがいをして予防に努めましょう。

インフルエンザの熱が下がった後の過ごし方は?

インフルエンザにかかると、通常はかかった日から1週間ほど、幼稚園や学校が出席停止になります。

「熱が下がったし、元気だから大丈夫でしょ!」と自分では判断せずに、出席停止期間を守りましょう

基準が良く分からないという方は、初めにかかったお医者さんを再度受診し、お医者さんの判断をあおぐのも良いでしょう。

インフルエンザにかかると胃腸の機能が低下しますので通常通りの食事もままならなくなります。

熱が下がったからといって、すぐにいつも通りの食事ができるとも限りませんので、初めはポカリスエットなどでしっかりと水分補給をして

おかゆやヨーグルト、具を細かく刻んだスープなど、消化の良いものからゆっくりと普通の食事に戻していきましょう。

なかなか悩ましいのはお風呂に入れて良いかということです。

熱があるうちは当然控えたほうがよいですが、熱が下がって体調が安定してきているのであれば、汗をしっかりながして体を温めれば

さっぱりとして快眠につながるので回復に役立つと言えます。

1週間ほど学校を休むと、勉強が大分進んでしまいますので同級生や学校の先生から勉強の進捗状況を伺って教科書を見る程度でもいいので、

出来なかった範囲をカバーしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク


インフルエンザになった他の家族の過ごし方は?

看病もしないといけないし、かかってしまったお子さんも元気になってくると、ずっと寝ているというわけにはいかず、できるだけ他の家族との接触は控えてもらいたいですが、

体が弱っていると寂しくなるのは大人も子供も一緒ですので、一つの部屋に隔離するのはなかなか難しいことです。

他の部屋で過ごしている家族も、予防のために家の中でもマスクをして過ごすことをおすすめします。

インフルエンザの感染経路は接触感染、飛沫感染、媒体感染、空気感染とさまざまあります。

熱が下がっても2日ほどは感染する可能性が十分にありますので注意が必要です。

感染しているお子さんが触った本やゲームのコントローラー、食器やタブレット端末など共用のものはできるだけ消毒したほうが良いでしょう。

とは言っても完全にかからないように予防するのはなかなか難しいものです。

その時他の家族ができることといえば、ウイルスに感染しないようにして、自分の免疫力を高めることです。

喉が乾燥すると、粘膜が荒れてウイルスをキャッチしやすくなりますので居間や寝室では加湿器をつけて、乾燥を防ぎましょう。

ウイルスを除去してくれる空気清浄器や、ウイルスをキャッチしてくれる消臭剤などを使用するのも良いでしょう。

インフルエンザワクチンを接種していない家族がいたら、接種をすすめましょう。

一人当たりの費用は子供は約2000円~3000円、大人は約3000円~5000円です。

インフルエンザワクチンは、予防はもちろんのことですが、インフルエンザにかかっても症状を軽減してくれる働きがあります。

高いような気もしますが、かかった時のことを考えると接種しておいて損はありません。

他の家族が学校や会社に行った時間を見計らって、換気もしましょう。

免疫力が下がると、インフルエンザにかかりやすくなりますので、しっかりと睡眠をとり、バランスの良い食事を心掛けましょう。

まとめ

インフルエンザはワクチンを打っていても完全に防げるわけではなく、免疫力や体調によってもかかるときはかかってしまいます

普段の生活でバランスの良い食事をとる、睡眠をしっかりととるなどして体調を整えて予防に努めましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA