お歳暮のお礼はメールでもいい?件名や書き方はどうすればいい?

nakoudo oseibo
お世話になった方から頂くお歳暮。

お礼の気持ちを表現しようにも、「メールか…ハガキか…、いや直接電話するか…。」どんな方法をとったらいいか分からない!

そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

個人同士のお歳暮のやり取りでの、メール上でのお礼の仕方について取り上げていきます。

スポンサードリンク


お歳暮のお礼はメールでもいい?

デジタル化の進んだ昨今。

親しい間柄なのに、わざわざ礼状を送るのはなんだかかしこまってしまって、相手に逆に気を遣わせてしまうのではないか…とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。

お互いを良く知る人物、親しい仲の人物など上下関係のない場合にはメールや電話でも良いでしょう。

そのときは、感謝の気持ちを込めるのも忘れないようにしたいですね。

念のため書いておくと、お歳暮のお礼状の正式なマナーは手紙やハガキでの礼状です。

メールや電話は略式であり、ご年配の方や目上の方、堅いお仕事に就いている方の中には、メールでのお礼に対して失礼だと感じるという方が一定数いるという事を気に留めておいてください。

もしもそういった方にメールでお礼を伝えるのであれば、メールは仮のものとして捉えて、文末に

「まずは、取り急ぎメールにて御礼申し上げます」と付け加えて後ほどきちんとお礼状を出しましょう。

相手によって対応を変えるのは失礼なような気もしますが、来年もお互い感謝し合うような良い関係でいられるためにも、

相手が失礼と思わない、もしくは気を遣わなくて済むように個別に丁度良いツールを使ってお礼の気持ちを伝えましょう。

お歳暮のお礼のメールの件名は?

相手にお礼を出すときは届いてから時間が経たないうちに、出来るだけ早く出しましょう。

相手は「御歳暮届いたかしら…」と気をもんでいるかもしれません。

メルマガや迷惑メールなど、一日にたくさんのメールが届くという方にメールを送ると、宛先を見逃して件名を見てその類のメールと勘違いされて

うっかり目を通さずにスルーされてしまうこともありそうです。

更に普段やり取りをしていない相手だと、アドレス登録を忘れていて「誰?」となってしまいかねません。

初めてのやり取りの方や、久しぶりにメールを送る方には、件名の冒頭に「○○です。」と付け加えると良いでしょう。

また、最近ではご年配の方の中にもパソコンや携帯電話、スマホを持っている方が増えていますね。

相手のことを思って、一目見てお歳暮のお礼だと要件が分かるような件名が良いでしょう。

こういった具合です。

「御歳暮の御礼」

「御歳暮の品、ありがとうございました。」

「御歳暮ありがたく頂戴いたしました」

端末によって件名に入る文字数は違いますが、短くはじめの部分を読んだだけで分かるように件名を作成しましょう。

スポンサードリンク


お歳暮のお礼のメールの書き方は?

お歳暮のメールの文章は、季節の挨拶、品物に対するお礼、相手の体調を思いやる文を軸にして作成していきます。

例文

○○様
年の瀬でせわしい日々が続きますが、お変わりございませんか。

この度は、お気持ちのこもった御品を頂き、ありがとうございました。

家族共々とても美味しくいただきました。

(まずは取り急ぎ、御礼申し上げたくメールさせていただきました。)

一段と寒さが厳しくなってまいりましたが、どうかお身体にはくれぐれもご自愛くださいませ。

一番簡単なものだとこんな感じです。

( )内は後ほどお礼状を改めて出すというときに用います。

形式的に作成するとこんな感じになりますが、「今年は○○がありましたね。その時はお世話になりました。」とエピソードを織り交ぜたり

「来年は○○がありますね。その時はよろしくお願いします。」とエピソードを加えると、読んでいる方もその時のことを思い浮かべながら今年を振り返ることができ、

より一層、感謝の気持ちが伝わるでしょう。

まとめ

時代は流れてもお歳暮という文化が残っていてツールは変われども、感謝の気持ちをきちんと伝えようという流れが残っているのは、

お世話になった相手を敬うことを忘れない日本人の気質が受け継がれている証拠ですね。

来年も良い関係性を続けていけるように感謝をきちんと言葉にしましょう!

スポンサードリンク


2件のコメント

  • 匿名

    義理でお歳暮を贈っていますが、返礼がメールだけで不愉快そのもの。
    親しいつもりもあまりないのでこちらだけが金銭負担をすることもあり
    もう贈るのをやめようと思います。
    よほど親しい間柄でなければ失礼です。

    • 【いいね!】したくなる

      コメントありがとうございます。

      その通りですよね。
      よほど親しい間柄でなければ
      お歳暮のお礼をメールで済ませるのは
      失礼にあたります。

      そう思われるのもごもっともだと思います。

      本来であれば
      お礼状ははがきか手紙でお礼をするのがマナーです。

      ですが、取り急ぎのお礼の手段として
      メールを使った場合の方法として
      記事を書かせていただきました。

      何かの参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す




CAPTCHA