ひな祭りの飾りを手作りで折り紙や他の物を使って工作してみよう!

hinamaturi tedukuri
3月3日はひな祭りですね。

家が集合住宅でひな人形を飾るスペースがないという方、ひな人形購入を見送っているという方、ひな人形は持っているけど、更に何か欲しいと思っている方。

今年は我が子と一緒にひな祭りの飾りを手作りしてみませんか?

スポンサードリンク


ひな祭りの飾りを手作りするなら

ひな祭りの飾りを想像してみると、最初に思い浮かぶのはひな人形ですが、他にも

・吊るし雛

・桃の花の飾り

・ひな祭りをイメージしたリース

・ぬいぐるみや動物の置物に衣装を着せてひな人形にする

・お菓子や食材を使って飾って食べられるひな祭りの飾り

など、様々な飾りをハンドメイドしている方がいます。

雛祭りが平安時代の「貝合わせ」という遊びから来ているということを踏まえてハマグリなどの貝殻を用意し、絵付けをして飾りにしているという方もいます。

(小さい貝に絵を描くだなんてとても器用…!)

ひな人形以外にも意外といろんな種類の飾りがあるものですね。

次の項ではどんな風にひな祭りの飾りを手作りするか見てみましょう。

スポンサードリンク


ひな祭りの飾りを手作りで折り紙を使って作るには

折り紙は材料一つで手軽にできる、作って楽しい飾って楽しいあそびですね。

子供でも親しみがあるので、すぐにできるのもいいですね。

★折り紙でひな人形★

まずは簡単に作れるものから。

簡単なお雛様とお内裏様の折り方があります。

千代紙を使うだけで、ひな祭りらしい雰囲気がでますね~。

普通の折り紙であれば、和風のシールを100均のお花パンチなどで抜いて貼ると、雰囲気も出るでしょう。

★花の折り方★

「お花をあげましょ桃の花~」

とあるように雛祭りのお花である桃の花。

桃の花の折り方を紹介した動画は無いかな?と思って探してみました。

「桃の花」と言うのでは探せませんでしたが、「梅の花」ならありましたよ。

折り紙の折り方は動画サイトにたくさん載っていますよ!

すぐに見つかると思うので、探してみてくださいね。(梅の花の折り方で)

ひな祭りの飾りのその他の工作は?

「いつも折り紙で子供と遊んでいるので別なモノを!」

ということでしたら、こんなものがありますよ!

★紙コップを使って★

「何か自宅にあるもので出来ないかしら…」

という方には紙コップを使ったひな人形が簡単でオススメです。

・紙コップを使ったゆらゆら雛人形

用意するもの:色違いの紙コップ二つ(出来れば赤と青など)、お雛様とお内裏様の顔、尺と扇子、セロハンテープ、両面テープ

作り方

1.紙コップの飲む方をつぶして両方の端を同じ方側に折り曲げてセロハンテープで固定します

2.紙コップを立たせて、上の部分にあらかじめ作って置いたお雛様とお内裏様の顔を、両面テープでそれぞれ貼り付けます

3.同じく両面テープで紙コップの真ん中あたりに尺と扇子を貼り付けて完成です

ゆ~らゆ~ら揺れる雛人形。

動きを見ていると子供だけでなく、大人までなぜかほっこり癒される雛人形です。

全て紙の物ですので、模様を書いたり、和柄の紙を貼り付けたり、シールで豪華にするなど、やり放題です。

小さなお子様にも、お雛様とお内裏様の顔を描いてもらうと楽しいでしょう。

————————————————-

★布を使って★

ちりめん風の布を使うと、簡単にひな祭り風の飾りができちゃいます。

「でも…布ってことは縫わなきゃいけないの?めんどくさい!」

そう思ったそこのアナタ!大丈夫です。

縫わなくてもカワイイ小物が作れちゃうんです。

つまみ細工は折り紙をするように布を使って、ボンドでとめながら作れます。

私も裁縫が大の苦手なので、こんな作り方で出来るの?!とビックリしつつも感動しました。

雛祭りだけでなくて、お正月飾りなどにも使ったり和服用の髪飾りや小物としても活躍してくれそうです。

————————————————-

★番外編★

工作ではないのですが、食べ物を使った飾りにもご飯にもなる、かわいいお雛様レシピを見つけました。

・おにぎりお雛様

おにぎりを握って、海苔で飾りを付けていきます。

着物も薄焼き卵と海苔で着せてあげて、ゴマで目などを貼り付けます。

飾りは、抜きやすいハムやチーズだと取れにくくて良いですね。

食べても美味しい雛人形なら、子供たちも大喜びですね。

工夫次第で色々アレンジが出来そうですので、一度作ってみてくださいね。

まとめ

「明かりをつけましょぼんぼりに~♪」

節分が終わった頃にショッピングセンターに行くといたるところで聞こえてくるこのメロディ。これを聞くたびに心を躍らせている女の子も多いのではないでしょうか。

せっかく年に一回の女の子のお祭り。

親子で楽しく工作をしてお祝いしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA