中学の入学祝いの相場で甥や姪にはいくら?渡す時期はいつ?

sotugyousiki kosa-jyu
ご自身の甥御さんや姪御さんが小学校から中学生になる時に、どうやってお祝いをしたらいいのか迷われると思います。

振り返ると自分が中学生になる時に、叔父さんや叔母さんにどうされたか振り返ると覚えていなかったり、または時代が変わって分からなくなったりすると思います。

現在の中学生の喜ばれるもの、それは今も昔も変わらず金額面での話に至ると思います。

またはどのタイミングで渡せばいいのかなどもあります。

今は時代が様変わりしていますから、スマートフォンなども普及し中学生が持つのが日常のようになっています。

また、友人などの行動範囲も広くなっています。

かといって渡しすぎは良くないとも思われますから、事前に下調べが必要ですね。

そんなお役に立てたらと思いますが、あくまで参考までにご覧下さればと思います。

スポンサードリンク


中学の入学祝いの相場は?

甥御さんや姪御さんの中学の入学が決まったら入学祝いを考えると思います。

ただ金銭だけとは限りません。

お付き合いにもよりますが、場合によっては欲しいものを直接要求してくる場合もあります。

かといって勝手に渡してしまっては、親御さんの都合もあり、場合により親御さんの与えたくない物も中にはありますから、注意が必要です。

その場合1番の打開策はやはり金銭という事になります。

相場の金額と言うものが特に設定されていませんが、叔父さんや叔母さんであるあなたの年齢よっても変わってくることでしょう。

甥御さんや姪御さんの年齢がそんなに離れていない場合は気持ちとして渡す程度の5000円でもいいですし、日頃の付き合い方や経済状況によっても違いますので、決して無理をしないこと。

中にはほんの気持ちとして甥御さんや姪御さんがたくさんいて3000円の場合もありますから、あくまで自分の中で甥御さんや姪御さんのお祝いの気持ちと考えるのがいいと思われます。

スポンサードリンク


中学の入学祝いの相場で甥や姪にはいくら?

甥御さんや姪御さんが中学生になりました、といって特に決まった相場がある訳ではありません。

一般的な範囲です。

ただ間柄や付き合い方、接し方によって差はあると思います。

一般的にというと極端ですが10000円が普通のラインです。

その際には特定決まっている訳ではないので、5000円~10000円と考えておくのが相場だと思われます。

普段の間柄が密ならその範囲ではないという事にも繋がります。

中には10000円以上とお考えの方もいると思いますので、あくまで相場でのラインが10000円という事になります。

中学生ですから極端多いのもいかがかという点も、考慮した方がいいというラインになります。

付き合い方やその甥御さんや姪御さんの性格や使い方の事も考慮してのと、金額を設定した方がいいでしょう。

また甥御さんと姪御さんに違いがあってはいけないので注意が必要と思われます。

なので、その上で相場は約10000円とお考えの方がいいのかと思われます。

お祝いですから気持ちを込めてお祝いしましょう。

中学の入学祝いを渡す時期はいつ?

お祝い事ですから、入学の準備なども考慮して早い段階でお渡しするのが1番いいと思われます。

甥御さんや姪御さんも準備が必要なので、あまりぎりぎりではバタバタしてしまい、かえって渡しそびれてしまうなどのケースも考えられます。

ただ、叔父さんや叔母さんにも事情のある場合もあると思いますので、遅くても1週間より前まで位には渡すのがベストです。

それを過ぎてしまうと、もう既にタイミングを逃したという事になります。

そして、印象にも影響するでしょう。

悪くとらわれるだけではなく心配をかけてしまうという言う意味です。

お祝い事ですから早めに渡す事はとても大切な事ですから、ましては中学生です。

不安と喜びの中にいますから安心感が大切です。

そして、メッセージなども文章か言葉でプラスするとよりいいです。

思い出に残る文章などもいいと思われます。

入学祝いとは甥御さんや姪御さんは嬉しいものですから、時期は入学の準備前がベストです。

その際は「御入学祝」の袋がいいです。

高校生への入学祝い相場記事はこちら、大学生への入学祝い記事はこちら

まとめ

遠くにいて会えない、仕事が忙しくて中々会えないなど様々な事情があると思います。

そんな時にお送りする方や、渡せない方も中にはいると思います。

でも、電話だけでも一言は大切です。

後に渡す事になる場合、電話やお手紙やメールなどででもお祝いの言葉は早めに言った方がいいです。

甥御さんや姪御さんはその言葉が嬉しく思えたりするはずです。

励みになるそんな一言が、些細なようで大きいのです。

どんな時もいられる間ではないからこその温かい言葉は、強く印象に残ると思います。

また、後に語られる事もあると思います。

中学生は3年間だけですが最後の義務教育ですので温かくお祝いしてあげたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA