ジャケットの袖直しを自分でするときに伸ばすやり方やボタンの位置はどうすればいい?

ジャケットの袖丈を短くは出来ても、長くする事は難しいかもしれません。

なぜなら、飾りボタンの位置や生地など自然に仕上げるためにやや迷ってしまうかもしれないからです。

では、どのようにすればキレイにお直しをする事が出来るのでしょうか?

今回は、袖丈を長くする方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク



ジャケットの袖直しを自分でできる?

特に、子供の制服など、大き目に買ったものの袖丈が合っていないという事があるかもしれません。

1~2㎝であれば直すのは出来ても、例えば3㎝袖を長くしたいなんていう場合には、ややハードルが高く感じてしまうかもしれません。

確かに、お直しはプロの人でも3㎝以上は難しいようです。

では、直さずに出来る方法を先ず考えていきましょう。

腕時計やブレスレットを使う事で他の人の視線を自然に逸らせます。

これが、案外良い方法なのです。

人の視線とは袖口の先に何かあると袖丈には向かなくなります。

ちなみに、ゴールドなど光沢のある方が効果抜群です。

ワイシャツでカバーする。

同系色のシャツをジャケットの下に着る事で他の人の視線を袖口に行かないようにカバーする事が出来ます。

女性であれば、シャツにフリルや大き目の折り返しが付いているものを使う事が出来ます。

この場合、短めの袖口の方がかえって可愛く着こなせます。

ただ、制服の場合には難しいかもしれませんね。

大き目のものを再購入する。

長さが3㎝以上必要であれば、オーダーメイドのジャケットを購入する事が必要かもしれません。

肩幅がきちんと合っている事が第一条件ですから、ジャケットを選ぶ事が出来ます。

次に、袖は部分的に自分の長さに合わせて作ってもらえるでしょう。

少し高いかもしれませんが、相談してみる価値はありそうですね。

ジャケットの袖直しで伸ばすときはどうすればいい?

やはり、伸ばせるだけ伸ばしてお直しして見たいという場合には、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、ミシンを使った方法と、手縫いの方法を見ていきます。

ユックリと手順を抑えていくと、初めてでも上手く出来るかもしれません。

①袖口の表地と裏地を軽く引っ張って、合わせ目を確認します。

特に裏地はダメージを受けないように常に作業に気を付けます。

②表地と裏地の合わせ縫い部分を、ニッパーやよく切れる小さめのハサミで丁寧に糸を切って分けていきます。

③袖口が表地と裏地に分かれたら出せる生地を確認します。

この時に、一番長い状態にしたい場合は良いのですが、3㎝など途中で折り返したい場合にはまち針で印を入れます。

④アイロンをかけます。

霧吹きで湿らせてから当て布をかけて押すように丁寧にアイロンをかけます。

⑤表地と裏地を合わせます。

ミシンでしたら仮縫いをおすすめします。

手縫いの場合でも「まち針」でシッカリと止めてから丁寧に「まつり縫い」をしていきましょう。

➅ボタンの位置を替えたい場合には最初にボタンを取って最後に付け替えます。

⑦伸ばした部分のシワが気になるかもしれませんが、スチームアイロンを当て布の上からかける事で段々とキレイになっていきます。

ジャケットの袖直しをしたらボタンはどうすればいいの?

最後に、ボタンの位置と付け方について見ていきましょう。

校章など規定のものが1~2個付いている制服の場合、袖口を伸ばす際にボタンの位置を替える事で仕上がりをキレイにする事が出来ます。

・ボタンは袖口を伸ばす前、最初に取っておきます。

(なくさないように気を付けましょう。)

・袖口のお直しが出来たら、袖口から3㎝ほどの位置に最初のボタンを取り付けます。

(位置を決めたら、ペンで印を付けておくと縫いやすいかもしれません。)

・元々のボタンの後が気になる場合にはまち針で盛り上がった所を生地の裏側に押し出してから、スチームアイロンで整えてみましょう

学生服の場合、袖丈を直すのは脇の下や、裾の所から生地を裏返しに出来るポケットがある場合があります。

そこから袖を裏と表の両方とも返せるデザインになっています。

その場合でも、容量は同じく合わせ目の糸をニッパーで丁寧に解いて、のばしてから縫い合わせます。

仕上げは指で丁寧に整えて、当て布をしてからスチームアイロンでキレイに仕上げましょう。

ボタンを取らずに一つ加えたい場合は、やはり一度取ってから同じ場所に付ける方がアイロンもかけやすく、キレイに仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?

ジャケットの袖口を伸ばす事が出来そうでしょうか?

学生の場合は特に、袖の長さを正しい長さに保つ事で制服の汚れやクオリティが長持ちすると言われています。

少し時間が掛かりますが、一度トライしてみると意外と出来てしまうかもしれません。

健闘を祈っています。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA