カメムシの対策でベランダに発生するときの時期を知って早めにおすすめグッズで乗り切ろう!

臭いがキツク、衣類や部屋の中に現れる厄介な害虫、カメムシ。

特に、衣類についてしまったら洗い直さなければならないと言われる迷惑な害虫に、人々のため息は止まる事がありません。

今回は、カメムシに悩む読者の解決方法として、その対策方法やグッズを取り上げています。

あなたのベランダが害虫に侵入されないように、ぜひ参考にしてください。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



カメムシの対策をベランダでするには?

カメムシは衣類(特に白色や光沢のあるもの)に集まりやすいと言われています。

また、洗剤の良い匂いに誘われてやってくるとも言われています。

では、ベランダに洗濯物を干したい場合には、どのような対策が出来るのかまとめてみましょう。

■白い洗濯物を室内に干す

面倒ですが、カメムシにとって魅力的な衣類を見せないようにする事で、カメムシが寄りつかなくなるかもしれません。

一度試してみる価値はありそうですね。

また、外に干した後、黒っぽいシーツなどでカバーして干す事も出来るかもしれません。

■洗濯物は一度払ってから取り込む

取り込む前に表と裏をチェック!

カメムシはストレスを感じると異臭を発生します。

そっと取り除いてカメムシがいない事を確認してから家に入れましょう。

■忌避剤を使う

吊り下げるタイプの忌避剤を洗濯物と一緒に干す事が出来ます。

効き目は2か月くらいであると言われています。

■柑橘系の洗剤は効果がある

ミカンやレモンはカメムシの臭いを取る効果が高いようです。

洗剤を変えてみる事も効果が期待出来るかもしれませんね。

■カメムシの時期は室内に干す

ベランダはガーデニングのためと割り切って考えて、洗濯物は室内に干す事にする事も出来ます。

カメムシがベランダにくる時期は?

カメムシは春から秋にかけ大量発生する事があると言われています。

寒いのが苦手なカメムシは、冬の時期は洋服ダンスの中に巣くって春を待つ物もいるとか。

そうなると、四季を通じていつでも対策が必要になってきますね。

そこで、特にカメムシが生息しやすいベランダを見直して、カメムシが侵入してこないように対策方法を練る必要があります。

ここでは、直ぐに出来るベランダの対策方法をあげておきましょう。

①ハーブを育てる

ペパーミント・ローズマリー・ローズゼラニウム・カモミールなどのハーブはカメムシの嫌いな臭い。

カメムシに限らず、虫よけの効果が期待出来ると言われています。

②虫除けを使う

カメムシを寄せ付けない吊り下げタイプの虫除け剤です。

洗濯物の傍に掛けておけばカメムシから衣類を守る事が出来そうですね。

効果は2か月と言われていますから、忘れないように取り換えましょう。

③LDEライトに替える

電気の熱に誘き寄せられてカメムシが寄ってくる場合があります。

ベランダに近い所の照明はLEDライトにする事で放熱量がグンと下がり、虫が寄り難くなりと言われています。

カメムシ 対策 グッズ

最後に、カメムシに対策出来るグッズを見ていきましょう。

■スーパーカメムシジェット

カメムシの瞬間退治や寄せ付けないための予防も出来るスプレー

一度スプレーしておくと効き目が1週間以上続くという強力アイテムです。

カメムシに限らず、クモやムカデなど他にも色々な害虫を寄せ付けないように役立つかもしれませんね。

■アース凍らすジェット

カメムシが異臭を放つ前に瞬間的に凍らせて撃退するスプレーです。

クモやムカデなど他の害虫にも効果的です。

殺虫剤ではなく、虫の動きを瞬間的に凍らせて止めるタイプで殺虫剤の臭いなどが苦手な人には最適です。

■ライオン バルサン

ベランダには適していませんが、お部屋の害虫を煙で隅々まで退治してくれるお役立ちアイテムです。

バルサンを焚いている時には必ず玄関に表記を張っておきましょう。

■イカリ カメムシエアゾール

カメムシが大量発生した時に強力に働く「モンフルオロトリン」という殺虫剤が配合されています。

カメムシが付きやすい壁や窓枠にスプレーしておけば予防にもなります。

■防虫ネット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防虫ネット サンサンはちネット HM3388 目合い3.6mm 巾75cm×長さ100m
価格:8402円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

カメムシや蛾などベランダに侵入してくる害虫をシャットダウン。

ネットのサイズはいろいろありますので、大きさに応じ適したサイズを選びましょう。

まとめ

カメムシの害は臭いやフンなどさまざまです。

出来るだけ家の中に入れないように、予防にも力を入れておきたいところですね。

シーズンを過ぎても、洋服ダンスの中などにカメムシが潜んでいないかどうかをチェックしておきましょう。

残念な思いをしないように、大切な衣類やお部屋を守りましょう。

健闘を祈っています!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA