電報のお礼で昇進の場合メールでするときの例文は?

昇進した際、社内や社外取引先の方から電報でお祝いをいただくことがあります。

そのときのお礼はどのようにすればいいのでしょうか?

お礼状をお送りするとき、メールで送信してもいいのでしょうか?

わからないことがたくさんあるので、今回は電報でいただいた昇進祝いへのお礼についてお話してまいります。

スポンサーリンク



電報のお礼で昇進の場合はどうすればいい?

昇進したときに電報でお祝いをいただいた際、お礼はズバリ必要です。

いただいた電報に対するお礼はもちろん、昇進したことでこれからさらに頑張っていく気持ちも一言添えて送ると良いでしょう。

お礼状を送るのに気をつけるポイントとしては、電報をいただいたらなるべく早く送ること。

できればいただいたあと1週間以内にお送りしたいところ。

昇進によって勤務地が変わり、引っ越し等でバタバタすることもあるでしょう。

その際は、取り急ぎメールで簡単にお礼を言い、あとできちんとお礼状をお送りしましょう。

お礼状は基本的には手書きで書いたものをお送りします。

ワープロ打ちをしたとしても、最後の一言は手書きで添えましょう。

文面については、相手が嫌味だなと捉えてしまわないよう、自慢等もしないよう、謙虚な気持ちを心がけて書きましょう。

ただ、謙虚すぎるのもよくありません。

「あなたの方が優秀なのに・・・」「自分になんかこんな大仕事務まるのか・・・」など過剰なマイナス表現も嫌味に感じてしまう方もいます。

文面を見て捉え方は人それぞれですが、相手が嫌な気持ちにならないよう注意して言葉選びをしてくださいね。

ちなみに、「栄転」「昇進」などと言う言葉より「着任」「転任」という言葉の方が良いでしょう。

栄転や昇進は自ら使用するものではなく、一般的に他人から称えられる言葉として使われるものです。

自分で言ってしまうと、かなりの嫌味ですよね^^;

そういった一語一句に気を付けて失礼のないようにして、電報をいただいたお礼やこれまでお世話になった感謝の気持ち、今後の抱負、そしてこれからもご指導いただけるよう願う言葉を書いた丁寧なお礼状をお送りしましょう。

スポンサーリンク



昇進の祝いのお礼をメールでしてもいい?

電報のお礼状、メールで送ってもいいのでしょうか?

基本的には、手紙やはがきにてお礼状を出します。

タイミング的には、なるべく早めに、電報をいただいてから1週間以内が望ましいです。

ただ、着任する場所によっては引っ越しも必要となり、その準備でバタバタしているかもしれませんよね。

この場合、昇進するにあたって電報やお祝いをいただくと予想し、前もって準備しておくか、取り急ぎいただいたことのお礼をメールや電話にて述べておき、後日お礼状をお送りするというような対応が必要となります。

このように取り急ぎの対応としてメールが選ばれますが、基本的には手紙やはがきでお礼状を送るということを覚えておきましょう。

しかし、親しい間柄の友人から電報をいただいた場合は、電話やメールでも問題ないケースがあります。

逆に、元上司や元同僚などといった関係性の方は、身内のようであってそうではありません。

ビジネス関係の方であると一線を引いて、形式を重んじた手紙やはがきで早めにお送りしておきましょう。

昇進のお礼のメールの例文は?

最後に、メールで送る際の例文についてご紹介してまいります。

ご参考程度になさってください★

例文①社外へのメール

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます

さて、このたびの私の転任につきまして、あたたかい激励のお言葉をいただき、誠にありがとうございました

若輩者ではございますが、弊社のさらなる発展のため、より一層職務に微力を尽くす所存でございます

どうか倍旧のご指導ご助言のほど、今後ともよろしくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます

敬具

例文②取引先へのメール

拝啓 極寒の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます

私儀、●●支店在任中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます

このたび▲▲支店への転任に際しましては、早速ご厚情あふれる激励のお言葉を頂戴し、誠にありがとうございました

●●支店での経験を十二分に生かし、新たなる任務に精励いたす所存でございますので、今度とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

末筆ながら、社員の皆様にはくれぐれもご自愛くださいますようお伝えください

まずは略儀ながら著中をもって御礼申し上げます

敬具

まとめ

いかがでしたか?

昇進の電報を頂戴した際、1週間以内になるべくお礼状をお送りするのが望ましく、メールよりは手書きのお礼状が良いということがわかりましたが、やむを得ずメールを送る場合もあるかと思いますので、気をつけるポイントに注意しながら、十分気持ちが伝わるお礼状をお送りされますように・・・★

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA