白髪を染めない30代の女性の気持ちは?どんなヘアスタイルなら手入れも楽?


「まだ30代だから・・。」と思って油断していませんか?

若白髪は、早ければ10代や20代でも出てくるものです。

今回は、若白髪を染めずに上手く付き合っていく方法をお教えします。

まだ、白髪を染めないでいたいというあなたのために楽ヘアスタイルもご紹介します。

スポンサーリンク



白髪を染めない30代の女性はどんな気持ち?

白髪交じりの髪の毛をしている30代の女性に対する、主な印象は下記の様なものです。

・実年齢よりも老けて見える

・白髪と黒髪が混ざっているのが目立つと不潔な印象を受ける

・身なりを気にしないズボラでだらしない人という感じを受ける

・貧相に見える

想像通り、良いものはありませんね。

ですが、中には下記の様な理由で白髪を染めずにいる女性もいます。

・白髪染めで髪の毛や頭皮を傷めたくないから

・染め続けるのは面倒だから

・自然体でいたいから

・老いを受け入れているから

下2つの理由に関して、朝倉真弓さんという方の考え方が素敵だと思いましたので、気になる方はこちらのブログを見てください。

朝倉真弓さんとは、40代のフリーライターの方です。

30年以上の白髪との格闘を経て白髪と黒髪の混ざったグレイヘアに落ち着き、おしゃれなグレイヘアを研究していらっしゃいます。

この方の様な考え方なら、白髪交じりの髪の毛=マイナスイメージという固定観念を捨てる事が出来るのです。

とはいえ、単純に白髪を放置すれば良いという訳ではありません。

次は、白髪が目立たせないヘアスタイルを紹介します。

スポンサーリンク



白髪を染めないでもできるヘアスタイルは?

白髪が目立たないヘアスタイルとは、どのようなものがあるでしょうか。

長さに着目すると、ショートやボブなどの短めのヘアスタイルが良いそうです。

型に着目すると、ふんわりとする緩いパーマをかけるのが良いそうです。

上記2つを踏まえると、ロングのストレートは白髪が目立つヘアスタイルという事になります。

とはいえロングのストレートが好きな方は、白髪の所為でヘアスタイルを変えたりしたくないと思います。

そういう方は、髪の毛をまとめるだけでもしてみてください。

まとめるといっても、ハーフアップや編み込みは白髪が表面に出て来てしまうので気を付けましょう。

また、分け目を作ると髪の毛の根本が見えてしまうので、分け目を作らないか根元だけヘアマニキュアをするのがオススメです。

ヘアマニキュアはヘアカラーと違って髪の毛の表面をコーティングするだけなので、色持ちは悪いですが髪の毛や頭皮にダメージが殆ど無いのが特徴です。

ここまで色々な方法を紹介してきましたが、結局は髪の毛自体が綺麗でないと意味がありません。

次は、髪の毛のケアについて書いていきます。

白髪を染めないならどんな手入れをすればいい?

白髪でも、髪の毛が綺麗なら若く素敵に見えます。

黒髪でも、髪の毛が痛んでいると老けて貧相に見えます。

髪の毛は、染めるよりもお手入れしてあげる方が良いのです。

ここでは、簡単に出来るお手入れ方法を紹介します。

●髪の毛を洗う前

ブラッシングをしてください。

髪の毛のもつれを取ったり、髪の毛に付いた埃や塵を落としやすくする効果があります。

●シャンプーのやり方

先ずは、ぬるま湯で頭全体を軽く洗ってください。

そうする事で大部分の汚れが落ちるので、シャンプーの泡立ちが良くなります。

水気を軽く取ってから、手の平で泡立てたシャンプーを耳の後ろ・後頭部・頭頂部に付けてください。

シャンプーを直接付けるのは、ダメージの元なので絶対にしないでください。

指の腹を使って、優しく丁寧に洗ってください。

爪を立てたりゴシゴシ洗ったりするのはNGです。

3~5分を目安に、隅々までしっかり洗い流してください。

●トリートメントのやり方

綺麗に洗った頭皮に余計な油分を与えてしまう事にならない様に、トリートメントは頭皮には付けない様にしましょう。

髪の毛に成分を揉み込むのをイメージして、指で髪の毛を挟んで伸ばす様に圧をかけましょう。

洗い流しは、ぬるつきを感じなくなったら止めましょう。

あまり洗い流しすぎると、軋みを感じる原因になってしまいます。

これらを守るだけで髪の毛は綺麗になっていきますので、お試しください。

白髪でも、自分に自信を持っていれば素敵に見えるものです。

綺麗な髪の毛は、その自信への第1歩になる筈です。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA