ネクタイを洗濯機にかけたらよれよれになった時のアイロンのかけ方は?型崩れを防ぐには?


 
ネクタイは社会人やビジネスマンにとって、身だしなみを整える時にかかせないもののひとつです。

ネクタイって家でも洗えるのでしょうか?

洗濯機にかけてもいいのか悩んでしまいますよね。

大事なネクタイを失敗せずに洗う方法と、きれいに仕上げるアイロンのかけ方を調べて見ました。

スポンサーリンク



ネクタイを洗濯機で洗ったらよれよれになってしまった!

ネクタイは素材によって洗濯機で洗ってしまうと生地の再生が大変で、元に戻すには難しいものがあります。

シルク100%のネクタイを洗濯機で洗ってしまった場合は、ネクタイの縫製を解き芯地を抜いて丁寧にアイロンをかけます。

手持ちのネクタイで型紙をとり、これに合わせアイロン台に待ち針で止めながらアイロンをかけ、表生地を元の寸法まで伸ばし仕立て直します。

この方法が無理な場合は、クリーニング店で修理をすれば元に戻りますが数千円かかってしまいます。

ネクタイを洗わずに長持ちさせるには、シミが付いた時にすぐ汚れをとる方法があります。

汚れにくくする工夫には、購入してすぐに撥水加工をする事をおすすめします。

コーヒーや醤油などの水生のシミは、水で湿らせたハンカチやおしぼりで軽く叩いてハンカチやおしぼりの方に汚れを移す感じで自然乾燥させます。

チョコレートやソースなどの油性のシミは、水で落とす事が出来ません。
そのためまずは乾いたティッシュで軽く叩き、油分をティシュに染み込ませます。

そのあとトイレなどでハンドソープを少しハンカチにつけてチョコレートやソースなどのシミになじませてから
裏側にハンカチをあてて表からはハンカチまたは濡れたティッシュなどで石鹸がなくなるまで繰り返しておくと比較的目立たなくなります。

(*石鹸などをつけてシミを取る場合は、端っこで確認してから行ってくださいね)

洗濯後に撥水加工をする事で、コーヒーやソースがついてもネクタイに染みなくなります。

ネクタイを洗濯したあと上手なアイロンのかけ方は?

スチームアイロンでは、150〜160度または低温〜中温で使用します。

アイロンをかける時は直接かけずに、必ず当て布かハンカチをあてて裏側からかけ、アイロン面が軽く触れる程度で蒸気をあてるイメージで行いプレスしないようにします。

表面は柄があるので、引っ張りすぎないように少しずつ伸ばしていきます。

ネクタイキーパーに付けたまま浮かせ、アイロンをネクタイから1〜2mm浮かせながらスチームをあてると、シワがきれいにとれ生地のツヤも回復します。

ネクタイの厚みを出すために、最後に針金や菜箸をネクタイの中に入れてアイロンをあてると横の線を消す事が出来ます。

ネクタイを横にした状態で上からアイロンをかけていくと、最初のアイロンがけで付いた線もきれいになり、丁度良い厚みが出てネクタイに上品な高級感を出す事も出来ます。

洗った後バスタオルで水分を吸わせ、直射日光を避け陰干しをする事でしわが落ち着き、アイロンをかける時の手間を省く事が出来ます。

アイロンをかけてもあまり効果がない時には、クリーニング店に相談する事をおすすめし
ます。

スポンサーリンク



ネクタイを洗濯するときに型崩れを防ぐためには?

ネクタイには色落ちするものとしないものがあり、色落ちするタイプのものは洗う事が出来ませんので注意が必要です。

色落ちするタイプのものには、紺、赤、茶、黒の生地に白など薄い色模様を織り込んだものや、捺染、プリントしたものがあります。

他に洗えない物には、芯に不織布を使用したものやエンボス、クレープ、ちりめんなどの特殊加工をしたものなどがあります。

ネクタイは伸びやすく型崩れがしやすい為、手洗いがおすすめです。

デリケート衣料用の中性洗剤を使用し、洗濯液を作ってからネクタイをきれいにたたんだ状態で、洗濯液に入れゆっくりと馴染ませていきます。

ゆらゆらと20回ほど揺らして洗い、きれいな水ですすぎを行いバスタオルで水を吸わせ、タオルドライを行う事で型崩れを防ぎます。

洗濯機で洗う場合は、ネクタイをきれいに伸ばした状態でネットに入れ、ネットはネクタイがあまり動かない大きさの物が適しています。

ドライクリーニング用の洗剤を使用し、ドライコースで洗濯をするとあまりしわを付けずに洗う事が出来ます。

洗濯機によってコースが違いますので、説明書で確認をしてから洗う事をおすすめします。

まとめ

ネクタイは洗濯機や手洗いで洗う事は可能ですが、素材によって生地の再生が難しい物もありますので、クリーニング店にお任せするのが一番良い方法かもしれませんね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA