折り紙で桃の花を子供と作りたいけど立体やそのほかの簡単な折り方は?

「桃の節句」のひな祭り、雛飾りとともに桃の生花を飾ることもよいですが、子供と一緒に折り紙で作るということも楽しいですね。

折り紙で作る桃の花は、簡単なものから立体的なものまであります。

ここでは、折り紙で作る桃の花について紹介します。

子供と一緒に作りながらひな祭りについて話をすると記憶にも残りやすいかもしれないですね。

スポンサーリンク



折り紙で桃の花はどうやって作るの?

折り紙で作る桃の花には、いくつか種類があります。

最も簡単なものは、折り紙とはさみを使って、桃の花の形に切り出すものです。

桃の花は、5枚の花びらで構成されていますので、折り紙の中心から5等分に折り目が付くように折って、花びらの形に切り出すだけで完成します。

ほかに、平面的なものでは、趣を出すために少し切り込みを入れますが、一枚の折り紙から一輪の花を作るものもあります。

一枚一枚の花びらを折り紙で形作って、貼り絵のようにして桃の花を作ることも出来ます。

立体的なものでは、花びらの丸みを折り紙で表現して、一枚一枚の花びらを作ってから貼り合わせて桃の花を作る、というものもあります。

どの方法も、それほど難しいものではありませんので、どのように飾りたいかによって選ぶとよいですが、お子さんが小さい場合や、折り紙がまだ上手に折れない場合には、切り出して作るものや、平面的なものを選ぶとよいでしょう。

木の枝は絵で描いて、折り紙で折った桃の花を添えるとどこの壁にも飾れますし、マスキングテープを額縁に見立てて壁に飾るなどアレンジして楽しむこともできます。

折り紙で桃の花を立体に作るには?

折り紙で桃の花を立体的に作るには、桃の花のパーツを5つ組み合わせて作ります。

桃の花は小さくかわいらしいものなので、一枚の折り紙をそのまま使っては大きすぎます。

このため、折り紙を1/4サイズの正方形に切ったものを用意します。

まずは、白い面を内側にして半分におり二等辺三角形を作ります。

直角部分を頂点にして、残りの2つの角を頂点に合わせるように折りあげ、2辺が2等分になるように折り、さらに2等分(もともとの辺の長さが4等分)になるように折り筋をつけます。

折り筋に沿って角を開きつぶし、元の頂点から伸びるラインに沿って、はみ出ている部分を手前に折り、折り筋に沿って白い三角形部分の角と角があうように折り上げます。

ここまでで出来た両側の2つの三角形部分をのりで貼り合わせると花のパーツが完成します。

同じものを全部で5つ作って、糊付けした部分が中心になるように貼り合わせると、立体的な桃の花が完成します。

1/4サイズの折り紙を使いますので、普通の大きさの折り紙を5枚用意すると、4輪の花ができます。

少し色を変えて作ると、より愛らしい桃の花が出来ることでしょう。

スポンサーリンク



折り紙で桃の花の簡単な折り方は?

紙にぺたぺたと貼り付けるタイプの桃の花は、子供と一緒につくって、貼って楽しむことが出来ます。

ここでは、一枚の折り紙から作る桃の花の作り方を紹介します。

まず、1/4の大きさの折り紙を用意します。

色の付いた面を内側にして、折り紙は半分に折り三角形を作り、さらに半分に折って小さな三角形を作ります。

出来た三角形を袋状に割り広げて四角形を作ります。

ここまでは、折鶴をつくるときの作業と同じです。

ここから、折鶴の場合は、一枚を織り上げてひし形を作りますが、桃の花の場合は片面だけ半分まで折ります。

折り上げた部分の真ん中にたてに少し切り込みを入れ、切り込んで出来た角の部分を折り込みます。

次に、2つの三角形の部分を、先ほど折りあげたラインより少し上にずらしたところにあわせて折り目をつけ、中を開き割り、折りあげてできた部分にしまうように入れます。

6箇所角が出来ていると思いますので、それぞれの角を少しずつ裏に織り込み、中央に花弁を描いて桃の花が完成します。

たくさん作って壁に飾ったりしても良いですし、ひな壇に飾ったりしても良いかと思います。

途中の2つの三角形を折るところで花びらの形が決まりますが、お子さんと一緒に作るときに、それぞれの個性が出てくることも楽しみのひとつとなることでしょう。

まとめ

折り紙で桃の花を作る方法はいくつかあります。

本を参考にしても良いでしょうし、参考となるホームページを探しても良いでしょう。

ぜひ子供と一緒に折り紙を楽しんでください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA