運動会のお弁当の詰め方のコツでワックスペーパーを使ったおしゃれな方法は?

毎日家事で大変なお母さん、ご苦労様です♪

毎日でも大変なのに、イベントごとになるとさらにバタバタしますよね・・・^^;

特に運動会のお弁当って、家族全員で食べるのである程度の量も必要ですし、なんといっても最近はインスタ映えなどから、お弁当の見栄えにも気を遣うところ・・・(;´Д`)

それに、毎日お弁当を作っているご家庭なら、運動会のお弁当には特別感を演出したいですよね^^

そこで今回は、運動会のお弁当の詰め方についてご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク



運動会のお弁当の詰め方は?

運動会のお弁当、なるべく豪華に見せたいですよね。

お弁当の詰め方のポイントについてのお話から始めていきましょう!

●色合いをカラフルにする

お弁当の具材の色味をカラフルにすることで、ガラリと印象が変わりますよ☆

赤色はプチトマト、パプリカ、鮭、りんご、いちごなど、黄色はコーン、卵焼き、レモンなど、緑色はピーマン、レタス、インゲン、ブロッコリー、キュウリ、アボカド、キウイなど、茶色は唐揚げ、ウインナー、お肉系、煮物など、それぞれをバランス良く詰め合わせることで、見た目も栄養も良いと思います♪

特に、赤色と緑色は対照的な色味で、それぞれの色を引き立たせる色です。

なので、この2色を必ず取り入れるようにするだけでも印象良くなると思います^^

ほとんどメインは唐揚げなどの茶色系になると思います。

そこに差し色として、赤色、緑色、黄色をアクセントとして散らすように詰め合わせてみてください☆

また、お弁当本体ですが、中の側面を黒色にすると、さらにおかずの色がグッと引き立ちますよ♪

●スキマはなるべくなくす

お弁当の中身をぎっしり詰めることも良い見栄えになる第一歩☆

たくさんのおかずを作るのは大変かもしれませんが、前もって準備できる料理は作り置きしておいて、スキマには先ほど紹介したプチトマトなど色味のあるものを詰めるといいでしょう♪

簡単な配置図をイメージして描いてから詰めてみるのもいいでしょう。

ただ、詰めるイメージがわかなかったり細かい作業を伴うおかず作りも苦手だったりすると困りますよね・・・^^;

そこで、活用できるのがお弁当グッズです!!

100均でもたくさん販売されていますが、シリコンカップや動物の形をしたデザインピックなどを用いると、お弁当もかわいく仕上がると思います^^

では、事項からそのお弁当グッズを紹介しながらお話を進めてまいりましょう♪

運動会のお弁当の詰め方のコツは?

お弁当グッズを用いた詰め方のコツを紹介してまいりましょう。

お弁当グッズといってもさまざまで、バランやシリコンカップ、動物の形をしたデザインピックといった定番のものから、お弁当グッズとして売られていないものをアレンジして使用するものもあります♪

バランやシリコンカップ、動物の形をしたデザインピックはカラフルなものを選択すると、例えば黄色い具材がなくとも、黄色のグッズを用いることで解消されますよね♪

ただ、お弁当グッズだけに縛られずに、他のものを代用して使って詰めてみましょう!

例えば、ただの紙コップだけでも、マスキングテープを貼って一工夫するだけで、オリジナルのお弁当カップが完成です♪

また、パウンドケーキの型もお弁当カップに代用できますよ^^

他にも、小さめのタッパーを使うと、煮物などの汁物にも最適ですね☆

アレンジの工夫はたくさんあり、これは一部ですが、ご参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク



運動会のお弁当の詰め方のワックスペーパーを上手に使う方法は?

お弁当を詰めるグッズのアレンジについてお話してまいりましたが、アレンジの手間までない・・・と悩む方もいますよね^^;

そこで、簡単に詰め方をアレンジできるのが、ワックスペーパーです!!

耐水性にも耐湿性にも優れており、お弁当を詰めるのにはもってこいだと最近話題にもなっていますよ。

使用法としては、バランのように仕切りとして、箱形に折ってカップとして、骨付き唐揚げやブロッコリーの持ち手のところに巻いたりして使うと、彩りもさらに良くなりますよ♪

是非試してみてくださいね!!

まとめ

いかがでしたか?^^

特別な運動会が演出できますように、お弁当作り頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA