炭酸水の作り方で自由研究をするときに重曹を使って上手のまとめ方は?

シュワシュワと泡が出る炭酸水、なんで水に泡が出るのか?なんてことを疑問に思ったことはありませんか?

この炭酸水が家にある材料で作れるって知ってましたか?

重曹とクエン酸で作ることができるんです。

水を使ってできる実験なので、夏休みにもピッタリの自由研究のテーマだと思います。

スポンサーリンク



炭酸水の作り方で自由研究にするなら何が必要?

簡単にできる炭酸水の作り方です。

材料
・冷水    200ml
・重曹    15g
・クエン酸  15g
・ビニール袋
・水     100ml
・500mlの炭酸飲料が入っていた空のペットボトル
・ストロー

これで二酸化炭素を水に溶かして、炭酸水を作る実験ができます。

実験方法
①空のペットボトルに冷水200mlを入れておきます。

②ビニール袋に重曹15g、クエン酸15gを入れます。
 重曹とクエン酸を入れたら、ビニール袋の中の空気はできるだけ抜いておくといいです。

③②のビニール袋に水100mlを入れます。
 重曹とクエン酸が溶けて、勢いよく泡が発生し、二酸化炭素が発生します。
 ビニール袋にストローを差し込んで、ビニール袋の口を手で握って、しっかりと閉じておきます。

④③のビニール袋に刺してあるストローの先端を①のペットボトルに差し込んで、1分ほど二酸化炭素をペットボトルに送ります。

⑤1分ほどしたら、すばやくストローをペットボトルの口から抜いて、すぐにペットボトルのふたをしっかりと閉めます。

⑥⑤のペットボトルよく振るを、二酸化炭素が水に溶けて、ペットボトルがへこみます。

この実験で注意しなくてはいけないことは、目に見えない気体の二酸化炭素が発生するので、水、重曹、クエン酸の分量は正しく守って下さい。

また、重曹、クエン酸を直接ペットボトルに入れてふたを閉めると、二酸化炭素が発生して破裂する危険性があるので、絶対にしないで下さい。

スポンサーリンク



炭酸水の作り方で重曹を使うとどうなるの?

炭酸水を作るのに、なぜ重曹とクエン酸をつかうのでしょうか?

重曹は、化学式でNaHCO3、炭酸水素ナトリウムという物質です。

二酸化炭素、CO2の元になるになる炭酸を作る元を含んでいます。

そこに、クエン酸の酸が作用すると、重曹の中に含まれているナトリウムが離れて水に溶けようとするために、二酸化炭素が発生するのです。

この発生した二酸化炭素が水に溶けることによって、炭酸水ができるのです。

炭酸水の自由研究のまとめ方は?

二酸化炭素は目に見えない気体です。

これは、気体によって起こる変化を分かりやすく、目で見えるようにした実験です。

ペットボトルの形の変化を写真に撮っておくと、誰でもわかる結果となるので、いいのではないかと思います。

また、二酸化炭素は水の温度が低いほど、よく溶けるので、ペットボトルに入れる水の温度を変えることでも実験に変化が出てきます。

さらに、へこんだペットボトルをふたをしたまま放置しておくと、水の温度が上がるので、それまで溶けていた二酸化炭素が水から抜けだしてしまうので、ペットボトルがもとの状態のようにふくらみます。

このように気体の変化をまとめるといいのではないかと思います。

まとめ

夏休みなどの自由研究は、テーマを決めるのに時間がかかってしまいます。

そのため、夏休み後半に慌てて、研究をしなければならなくなってしまいがちです。

研究に必要な材料が簡単に手に入り、目で見てわかりやすい結果が出ると、自由研究もまとめやすくなります。

ちょっとした工夫でできる自由研究のテーマになるので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA