肌を白くする方法で中学生で地黒や日焼けしたあとはどうしたらいい?

中学生で肌の色が黒い子はとても健康的で活発に見えますが、年頃になると肌の色が気になりはじめ肌を白くしたいと思う子が多いようです。

中学の時に運動部で日焼けしてしまったりすることも多いですからね。

肌の色が気になりはじめた方の為に、肌を白くする方法や日焼け後のケアなどを調べて見ました!

スポンサーリンク



肌を白くする方法で中学生の場合はどうしたらいい?

中学生は部活動を行っていて、屋外での部活動は炎天下の中長い時間運動をする為、どうしても日焼けしやすくなります。

中学生は大人と違って大量の汗をかいて運動を続けますので、日焼け止めを塗っても汗でとれてしまい効果が薄れてしまいます。

夏のレジャー用の日焼け止めは、塗り直しが出来なくても効果を発揮してくれます。

アリィ.エクストラUVジェルは、汗、水に落ちにくく、洗顔料、ボディソープで落とす事が出来中学生におすすめです。

他には夏の嫌な外敵から肌を守ってくれる天然ハーブのパラドウがあり、ボディソープで簡単に落とせて軽い使い心地です。

日焼け止めを顔に塗る時の適量は500円玉大で、一度に付けず2、3回に分けて顔に馴染ませながら重ね塗りをします。

人によっては肌に合わない場合もありますので、肌に異常が感じた時には使用を中止します。

屋外の部活をしていない場合でも通学で日焼けする事もありますので、スカートと靴下を長めにはき、アームカバーを使う事で日焼けを防ぐ事が出来ます。

帽子、マスクも有効で、UVカット素材の物を着るのも効果があります。

スポンサーリンク



肌を白くする方法で地黒の場合は?

地黒の人と色白の人の違いは、皮膚のメラニンの量によるものです。

地黒の人は生まれつきメラニンの量が多く、色白の人は生まれつきメラニンの量が少なくなります。

メラニンは紫外線に多く当たれば量が多くなり、紫外線から皮膚を守ってくれます。

中学生は紫外線に当たる時間が多い為、肌が黒くなりメラニンの分泌量が増加します。

人の体は紫外線に当たるとメラニンを生成しますので、肌を白くする為にはメラニンの生成量を減らします。

肌が紫外線に当たらないと、メラニンの生成量は少しずつ減少します。

日焼け止めは、メラニンの生成を促す2種類の紫外線から肌を保護してくれます。

UVカットサングラスは目から入る紫外線を予防し、UVカット繊維や素材を使ったパーカーなどは腕や首を紫外線から守ってくれます。

肌を白くする為には、皮膚をなるべく紫外線に当てないようにする事が大切です。

肌が露出する場合は日焼け止めを使用し、他の所ではUVカット素材の衣料を着る事で紫外線から肌を守ってくれます。

日頃から弱い日焼け止めを塗る事で、白い肌を持続させる事が出来ます。

肌を白くする方法で日焼けしたあとはどうしたらいい?

日焼けのダメージを減らす為には日焼け後のケアが大切で、きちんとやっておかないと将来しわやシミの原因になってしまいます。

日焼け止めの注意書を見て、専用クレンジング、クレンジング剤、洗顔料のどれかで優しく洗顔をします。

洗顔が済んだら水や専用の化粧水で冷やし、赤みがある時や痛い時は注意が必要です。

冷やし終えたらたっぷりの化粧水で保温し、肌に馴染んで来たら乳液で保温します。

睡眠をたっぷりとり日焼けに効く食べ物を意識して食べます。

中学生の頃から肌の手入れをきちんとしておくと、大人になってから肌でのトラブルが少なくなります。

毎日のお風呂で使う石鹸をパパイヤ石鹸に変えるだけで、簡単に肌を白くする事が出来ます。

パパイヤ石鹸には、未成熟のパパイヤの実からとれるパパイヤ酵素が含まれています。

パパイヤ酵素には、美白効果、皮脂、角質を取ってくれる効果があり、ツルツルとしたハリのある肌にしてくれます。

コーセーの米肌化粧水には、地黒を透明感のある白い肌にしてくれる効果があります。

肌を白くする為には、毎日のスキンケアが大切でニベアでの保温も効果があります。

まとめ

肌を白くするには日頃から日焼け止めを使って紫外線から肌を守り、日焼けをした後のケアが必要です。

おすすめの日焼け止めや化粧水を試してみてはいかがでしたでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA