大学の面接に履く靴はスニーカーでもいいの?色の決まりはある?

大学の面接は、これからの進路が決まる大事なものです。

どんな服装で受ければいいかと不安になることもありますよね。

面接は固いイメージがあり、どこまで服装を整えればいいのか悩む方もいます。

そんな方の為に、今まで履きなれたスニーカーや靴で面接を受けても問題がないのかを調べて見ました!

スポンサーリンク



大学の面接にはどんな靴で行けばいい?

大学入試で行われる面接には、得点化されるものと問題性のある人を排除するものの2種類があります。

第1印象のみを見られる事もあり、だらしない人は厳しく見られ、特に医学部では将来医師になる人材として見られる為、厳しく面接が行われます。

服装の細部まできちんと手入れが行き届いている受験生は、丁寧で場をわきまえている良い印象を持たせる事が出来ます。

学生服の場合は、靴は何でもよく学生服指定の革靴や女性ならローファーが適しています。

制服のない高校や浪人生の場合はスーツが良く、スーツに合った靴を履く事をおすすめします。

かかとを踏んでいる靴は、面接官に生活習慣が現れていると思わせてしまいますので、注意が必要です。

余裕のある方はかかとを踏んでいたり、古くなっている場合は買い替えをおすすめします。

大学の面接の後にも靴は必要になりますので、購入しても無駄にはならず役に立つ時があります。

新しい靴を用意する場合は、当日面接がスムーズにいくように事前に履きならしておくと安心です。

古い靴でも汚れが目立たず、手入れが出来ていれば面接に履いても大丈夫です。

スポンサーリンク



大学の面接にスニーカーで行ってもいいの?

高校時代に指定が無かった人や浪人生の方は、スニーカーでも問題はなく派手でない物が適しています。

古い物や汚れている物は、面接官の印象を悪くしてしまいますので、余裕のある方は新しいスニーカーの購入をおすすめします。

スニーカーの時は靴下も白のソックスが良く、くるぶしが見えない長さの物が印象を良くしてくれます。

制服にスニーカーという服装は、異様にスニーカーが目立ちますので色や汚れに注意が必要です。

面接は履くもので合否が左右されるという事はありませんが、地味目のものなら問題なく安心できます。

学ランならスニーカーでも問題はなく、面接を受ける事が出来ます。

女性におすすめのスニーカーには、シンプルで合わせやすいアディダスと、カラーバリエーションが豊富でどんなものでも合わせやすいニューバランスがあります。

男性におすすめのスニーカーには、とても履き心地が良いニューバランスや、アディダス、ナイキ、コンバースがあります。

季節に関係なく履く事の出来るスニーカーは、通学だけでなく他にも活用することが出来ますのでとても便利です。

大学の面接の靴の色に決まりはある?

面接の時の靴の色に決まりはありませんが、黒か茶が良く黒の方が真面目に見え面接の時に有利になります。

浪人生の場合はスーツに合わせた色の靴が良く、黒のパンプスや革靴が適しています。

きちんとした靴を履いていれば、面接官に好印象を与える事が出来ます。

面接には靴や靴の色も大事ですが、足元の印象を良くする為には靴下にも気を配る必要があります。

男性では黒やこげ茶の革靴が良く、靴下は長めで無地の控えめな色を選ぶ事をおすすめします。

丈の短い靴下はズボンの裾から足首が目立ち、面接官に違和感を与えてしまいますので注意が必要です。

女子の場合はスカートで男子よりも靴下が目立ってしまいますので、学校指定の靴下やかかとから20cmほどの長さが無難です。

色は派手でなく白の無地がおすすめで、学校指定のものスーツ、制服に合うものを履きます。

おすすめのローファーには、軽くてフィット感が良く、ソフトな履き心地のリーガルと中敷きが可愛いHARUTAがあります。

他にはつま先がとがってないので履きやすく、耐久性加工がされていて丈夫なオリーブデオリーブがあります。

まとめ

大学の面接では履くもので合否は決まりませんが、面接官に良い印象を与える事が大切です。

きちんとした服装で、難関を乗り越える事が出来ればいいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA