浪人生の受験の服装と面接はどんな格好をすればいい?

浪人生は1年間かけて、勉強を励んだ結果を残す場所が大学入試です。

勉強の準備はOKなのに、当日の服装のことを考えてなくって慌ててしまう人が意外と多いのです。

現役生は制服で大丈夫だけど、浪人生の場合はどうしたらいいか悩んでしまいますね。

制服じゃないと周りから浪人生だとみられてしまうのがイヤだと感じる人もいますね。

また、面接試験の場合はなおさら服装に気を使いますね。

浪人生の場合の大学入試の服装の注意点についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク



浪人生の受験の時の服装は?

一般入試の場合は、特に服装に悩む必要はありません。

試験で一番落ち着いて取り組むことのできるものでいいです。

「いつもジャージで勉強していたから、これを着てるとモチベーションが上がる」など勉強へのスイッチが入る、着なれたもので大丈夫です。

また、「浪人生と見られるのがイヤだから」と高校時代の制服を着ていく人もいます。

それもアリなのです。

どんな服装であれ、試験会場での服装が合否に反映されるわけではないので、安心して力を発揮できる服装であれば、何でもいいのです。

どのような服装であっても、押さえておかなければならないことがあります。

それは、当日の試験会場の環境です。

センター試験をはじめ、大学入試の多くは1~2月に行われます。

冬の一番寒い時期なのです。

そのため、外は雪が降ったりして、ものすごく寒いのに、試験会場は寒さに配慮して暖房がガンガン効いているなんてこともあるのです。

また、暖房の効きが悪く、手がかじかんでしまうほど寒い会場の場合もあります。

試験会場の環境がどのような状態かは、当日試験が始まってみないとわからない・・といった恐ろしいことになっているのです。

つまり、どのような服装でもいいけれど、服装で寒暖の調節ができる、脱ぎ気のしやすい服装がいいです。

おすすめは重ね着スタイルです。

それもただの上着ではなく、前開きのカーディガンやパーカーがおすすめです。

暑くなってきても、試験中は上着を脱ぐことはできません。

でも、カーディガンやパーカーだと、前のボタンやファスナーを開け閉めするだけでもずいぶん温度調節ができます。

また、パーカーなどには英字のロゴが入っていたりします。

センター試験の注意事項にも書かれていますが、上着には文字や図形の入っているものは避け、できるだけ無地のものをおすすめします。

受験会場への道のりで、雨や雪が降っている場合もあります。

このときにGパンをはいていて、濡れてしまうと最悪です。

Gパンは濡れると乾きにくいので、濡れてGパンが冷たくなっていて、体も冷え切ってしまい、試験に集中できない、試験中に風邪をひいてしまったなんてこともあるのです。

いつもの服装であっても、お天気次第ではGパンは避けたほうがいいです。

スポンサーリンク



大学受験の面接で浪人生はどんな格好をしたらいい?

面接試験は、印象が大事です。

派手で突飛な服装でなければ、服装が原因で試験に落とされることはありません。

しかし、見た目は大事です。

真面目な印象を与える服装がいいですね。

現役生なら制服でいいですが、浪人生の場合はどうしたらいいでしょうか?

浪人生の場合は、リクルートスーツなど制服に準ずる服装になります。

受験勉強で忙しいときに、スーツの準備なんてできない、大学生でもないのにスーツを着るのは抵抗がある・・という場合は、ジャケットにシャツなどフォーマルな感じのものでも大丈夫です。

ただ浪人生の面接の現状としては、ほとんどがリクルートスーツを着用しています。

大学入学時にはスーツを準備しなければいけないので、面接時にはスーツを準備されることをおすすめします。

服ばかり気になりますが、足元も見られています。

スニーカーではダメです。

キレイに磨いた革靴を準備しておきましょう。

まとめ

浪人生にとって、大学入試はこの1年間の頑張りを全て発揮する場所になります。

試験会場で自分の力を発揮できるよう、精神的に安心でき、寒暖調節もできる服装を選ぶといいです。

面接時は、印象がよくなるようなスーツかそれに準したものを選んで下さい。

服装で試験結果が左右されるわけではありませんが、自信をもって試験に臨めるものであるといいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA