車の天井がはがれたら接着剤やホッチキスで修正できるの?張り替えするなら費用はどれぐらい?

自分の愛車の天井がはがれて垂れてきてしまった!!

長年乗っている愛着のある車でまれに起こるんですよね・・・(T_T)

こういったとき、修理してもらうと高いと聞いたことがありますが、自分で修理することはできるんでしょうか?

ご自身の愛車なので、自分で直したい!という方も多いと思いますので、そんな皆さんに車の内装で天井がはがれたときの修理法についてお話しましょう!

スポンサーリンク



車の天井がはがれたときにどんな接着剤を使う?

天井がはがれてきたのでくっつけよう!と思ったとき、思い浮かぶのは単純に接着剤ではないでしょうか?

どんな接着剤を使えば直すことができるのでしょうか・・・><

こういったケースで最適だと言われているのは、木工ボンドです!

耐久性があり、木工ボンドで修理しても数年もつこともあるようなのでおすすめです^^

また、天井の素材のウレタンにもよく染み込んでくっつき、乾燥すると透明になるので目立ちも少なく、きれいに仕上げることもできますよ♪

方法としては簡単で、ウレタンにボンドを薄く伸ばして塗り、布地にシワができないように広げながら押さえて貼り付けていきます。

貼り終わった後、よく見るとボンドのムラが残ってボコボコしているように見えるかもしれませんが、湿ったタオルで軽く押さえてあげると均一になりますよ^^

万が一失敗してボンドがはみ出てしまっても、木工ボンドは水性なので、濡れたタオルで拭き取れば大丈夫です。

少し酸っぱいにおいが残ってしまいますが、それも最初だけです^^

時間がたてばにおいも消えるので、あまり気にしすぎる必要はないかと思います♪

逆におすすめしない接着剤もご紹介だけしておきましょう><

●ゴム系・溶剤系・揮発系の接着剤

シミの原因やウレタン・布地に染みわたりすぎて目立つことが多いと言われています。

●両面テープ

そのときはくっついても、またすぐにはがれて垂れてきます。

スポンサーリンク



車の天井をホッチキスで止めるには?

接着剤を使ってもまたすぐにはがれちゃうんじゃない?と不安な方も多いでしょう。

そんなとき、ホッチキスを利用してみてはいかがでしょうか?

とはいっても、書類をとめておくホッチキスではなく、業務用のタッカーというホッチキスの一種です!

ホームセンターの工具コーナーにも売られているのでチェックしてみてください♪

ちなみに最近ではDIYが流行っていますので、100均でも売られていることも。

(100均で見かけましたが100円ではなく300円で売られているのを見たことがあります!笑)

使い方は簡単。

針を打ち付けたい場所にタッカーを押し当て、ハンドルのレバーを握り「ガチャン」と針が打ち込まれる音がしたら終了♪

車内の天井でどこに針を打ち付けるかさえきちんと決めておけばバッチリですよ!

車の天井の張替えの費用は?

やっぱり業者できれいに仕上げてほしい方もたくさんいらっしゃるはず。

その際の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

業者によって多少違いはありますが、だいたい7~10万円ほどの予算を見積もっておきましょう・・・><

また、2日間ほど時間がかかるということも念頭に置いておきましょう。

このようにお金も時間もかかりますが、仕上がりについてはやはりプロです。

新品のころの愛車で戻ってくると思うので、必要経費として業者にお願いしてきれいにしてもらうというのも手ですね^^

まとめ

車の内装の天井がはがれたときのことについてお話しました。

ご自身で修理する場合は、木工ボンドやタッカーで直すことをおすすめいたします♪

業者に修理を依頼する場合は、7~10万円と高額ですが、新品同様のようすで帰ってきます。

少しはがれてきたかも?と気づいたときは、木工ボンドで少しずつ直しておき、ひどくなってきたらタッカーや業者への依頼を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA