浪人生の調査書はどうするの?いつ取り寄せればいい?もらい方(依頼文)は?


大学受験に必要な書類の一つに「調査書」というものがあります。

現役生なら、そのまま学校で準備されるものですが、浪人生の場合、予備校で準備さえるわけではないので、自分で直接出身校に連絡して、作成してもらわなければなりません。

大学受験の書類提出までに間に合うように、早めに準備しておかないと、最悪の場合出願できないなどという恐ろしいことになってしまいます。

そんなことのないよう、浪人生の場合、大学受験に必要な調査書をどうやって準備したらいいか、お伝えしていきます。

スポンサーリンク



浪人生の調査書はどうすればいい?

大学受験の際に必要な書類として、調査書、卒業証明書などがあります。

現役生のときは、学校側が準備してくれているので、自分で問い合わせたりする必要がなかったのですが、浪人生となると全く違ってきます。

自分で受験校に必要な書類の確認から始まります。

調査書は、多くの大学での提出が求められる書類です。

在校生や卒業生の学校生活や学習態度などについて記述された書類です。

卒業証明書は、高校を卒業したことを証明する書類です。

浪人生の場合、センター試験を受ける際に必要となります。

この二つは、大学入試の際に必要になってくる書類ですが、どれが必要なのかきちんと把握しておかないと、必要ではないものを準備してしまい、肝心なものがなかった・・などということのないように注意しなければなりません。

大学入試に必要な書類は、出願時期から逆算して、出身校に依頼をしなければなりません。

これは、予備校では行ってはくれないので、十分注意して下さい。

調査書は、一般的に直接出身校に出向き、依頼します。

また、高校によっては郵送での申請や受領ができることもあるので、電話やメールなどで出身校に問い合わせをして下さい。

卒業生向けに、高校の公式サイトに必要書類の申請方法、手続きについて書かれている高校もあります。

母校の公式サイトを確認してから、電話やメールで問い合わせをするのがいいと思います。

スポンサーリンク



浪人生の調査書はいつ取り寄せるの?

大学入試の時期はどこも同じなので、受験期には高校に調査書の発行依頼が多数あるので、早めに連絡するのがいいです。

一般入試であれば、12月上旬までには高校に連絡して下さい。

1か月近く時間がかかることもあるので、余裕を持って、この時期までに連絡をしておくといいです。

私大一般入試の場合は、1月出願になるので12月上旬であれば、出願に間に合います。

また、国公立大の場合は2次試験は2月出願になるので、1月でも大丈夫ですが、多くの場合は滑り止めの私大を受験するので、12月のうちに両方の分を依頼するといいです。

調査書を高校でもらい方はどうしたらいい?

調査書を依頼するときは、名前だけを名乗ると間違いの元になります。

他学年に同姓同名の方がいるかもしれません。

卒業年度も忘れずに伝えましょう。

電話の場合は

「○○年度卒業の○○(自分の名前)です。

〇校分(受験校数)の大学受験の調査書の発行をお願いいたします。

発行はいつになりますか?

手数料はいくらになりますか?

では、〇月〇日に取りに伺います。

よろしくお願いいたします。」

と聞けば大丈夫です。

また郵送の場合も同じような文面で大丈夫ですが、その場で返事が確認できないので、まずは電話で連絡してから郵送で依頼して下さい。

まとめ

大学受験には、さまざまな書類の提出が必要です。

現役生のときは受験前にちゃんと学校で準備されますが、浪人生となると全て自分で準備、手続きが必要です。

1つでも不備があると受験することができなくなってしまいます。

1年間の努力が水の泡となってしまうのです。

そんなことのないように、必要な書類は余裕を持って準備して下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA