社長就任のお祝いに金額はいくらぐらい包むの?贈り物は花以外で商品券でもいい?

社長就任のお祝い・・頻繁にする事ではないので、何をどうすれば良いのか分からない人が多いと思います。

この記事では、贈りものに焦点を当てて説明していこうと思います。

スポンサーリンク



社長の就任の祝いの金額はいくら?

この様なお祝いの贈りものというと、現金が思い浮かぶ人も多いでしょう。

贈る相手との関係性によって金額は違っていて、一般的には下記の様に言われています。

●友人や知人の場合・・30000円前後

●身内の場合・・30000~50000円

●取引先の場合・・30000~50000円

※4という数字は縁起が悪いとされているので、40000円は避けるのが無難です。

現金を贈る時には、のし紙が必要です。

紅白で蝶結びになっている水引のものを使い、表書きは『御就任御祝』『御祝』とするのが良いです。

また、現金を直接渡す時には包みを直に触らないという守るべきマナーがあります。

日本のしきたりなので、必ず風呂敷に包んで渡しましょう。

日本で縁起が良いとされている紫の風呂敷に包むと、尚良いでしょう。

現金以外の贈りものの定番は、胡蝶蘭という花です。

『幸福が飛んでくる』という花言葉・高級な花として有名・日持ちする・華やかな見た目というのが選ばれる理由です。

スポンサーリンク



社長の就任の祝いの贈り物で花以外なら何がいい?

現金や花以外だと、下記の様なお祝いの品が喜ばれるそうです。

●アルコール

お祝いの定番品ですね。

相手の好みに合わせて、紅白ワイン・金箔入り日本酒など、特別感や高級感のあるものを選びましょう。

●食材

これもお祝いの定番品ですね。

肉や海鮮など相手の好みに合わせた上で、中々買わない様な高級なものを選びましょう。

●ビジネス用品

仕事での活躍を祈るという事で、ネクタイ・手帳カバー・名刺入れなどのビジネス用品を贈るのもおすすめです。

誰にでも合う様な落ち着いたシンプルなデザインのものを選びましょう。

また、下記の品は目上の人のお祝いでは一般的に選んではいけないとされています。

●靴・靴下:『踏みつける』という意味があるから

●下着・肌着:『下に見る』という意味があるから

●ボールペン:『勤勉に励みなさい』という意味があるから

●腕時計:『時間を管理しなさい』という意味があるから

●ハンカチ:『縁切り』という意味があるから

本人が欲しがっている場合は兎も角、それ以外では避けるのが無難です。

社長就任の祝いに商品券でもいい?

現金はお祝い品の定番ですが、目上の人に対しては失礼になるという意見があります。

気になるという方は、現金の代わりに商品券やカタログギフトを贈るのが良いとされています。

(現金が駄目で商品券やカタログギフトが良いというのは、個人的に全く理解出来ないですが・・。)

その場合でも、金額は現金と同じ目安になります。

「実用的だけど味気ない・・。」と感じる人は、メッセージを添えてみましょう。

・お祝いメッセージの一例:ご就任おめでとうございます。益々のご健康とご活躍をお祈りいたします。

相手との関係性によって文面を変える必要がありますが、その時に忌み言葉は使わない様に心掛けましょう。

・変化関連の忌み言葉:四季の移ろいの早さ~/環境の変化は早く~/変化の早い昨今~ など

・衰退関連の忌み言葉:辞める/枯れる/終わる/失う/消える/倒れる/壊れる/去る など

余談になりますが、取引先の企業で社長就任が決まった場合でも、就任祝いを用意しなくても良い場合があります。

それは、社長就任が前任者が亡くなった事によるものだった場合です。

その場合は贈り先の企業は喪中になるので、就任祝いを贈るのは失礼になります。

注意しましょう。

まとめ

如何でしたか?

いざという時に失礼な事をしない様に、頭の片隅に置いておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA