ぜんざいとおしるこの違いって?関東と関西は入れる餅も違うの?

zennzai
程よく甘~いあんこに、カリッと焼いたお餅を入れていただく日本が誇る簡単スイーツ、ぜんざいやおしるこ。

同じような料理なのに、よく「ぜんざい」とも「おしるこ」とも言いますが、これらの違いはなんなのでしょうか。

住んでいる地域によって、色々な違いが出て来そうな感じがありますね。

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いについてリサーチしました。

スポンサードリンク


ぜんざいとおしるこの違いって?

おしるこも、ぜんざいも、共通の意味は「小豆を甘く煮たものに、お餅や白玉団子を加えたもの」というのは、皆さんも良くご存じだと思います。

それぞれの言葉の意味を見てみましょう。

まず「おしるこ」ですが、こしあんを作ったことのある方は想像しやすいと思いますが、こした後のあんこを、水でのばして丁度良いとろみにする前、

あんこの表面を見ると、粉のようにザラザラしていますね。

この粉のような見た目が「お汁粉」の語源だと言われています。

それから「ぜんざい」ですが、もともとは「善哉もち」を略して言ったもので、善哉には「よきかな」、喜び褒め称えたときに発する言葉という意味もあります。

なぜそれが食べ物の名前になったかというのには諸説あります。

一つはあの一休さんが初めて小豆にお餅の入ったものを食べて美味しさのあまり感動して「よきかな(善哉)」とつぶやいたからという説です。

もう一つは出雲大社で行われる神事の際に小豆雑煮を振舞っていて、それを「神在もち(じんざいもち)」と呼んでいたのが訛って「ぜんざい」になったという説です。

それぞれにこんな由来があったのですね。

次の項では関東と関西での呼び名の違いをみていきましょう。

ぜんざいとおしるこは関東と関西では違うの?

似たような食べ物ではありますが、実は関東と関西では出される形態によって、呼び名が違っています。

★関東の場合

・「おしるこ」とは

こしあんでも粒あんでも、小豆を砂糖と一緒に煮て汁気があるものにお餅を投入したものをおしること呼ぶ。

・「ぜんざい」とは

汁気のない状態のドロッとした小豆と砂糖を煮たものを、お餅にかけたもののことを「ぜんざい」と呼ぶ。

——————————————————

~プチまとめ~

つまり関東では粒あん、こしあんに関わらず、かかっているあんこに汁気があるかどうか、もっというとドロッと具合によって

「おしるこ」と言うか「ぜんざい」とい言うか、が区別されているのですね。

これを踏まえて関西の「おしるこ」と「ぜんざい」の違いを見ていきましょう。

——————————————————

★関西の場合

・「ぜんざい」とは

汁気のあるお餅の入ったものの中でも、粒あんのものを「ぜんざい」と呼ぶ。

・「おしるこ」とは汁気のあるお餅の入ったものの中でも、こしあんのものを「おしるこ」と区別して呼ぶ。

・汁気のないものは…「亀山」もしくは「小倉」と呼ぶ。

——————————————————

~プチまとめ~

関西では粒あんは「ぜんざい」、こしあんは「おしるこ」なんですね。

名前のニュアンスからしても、なんだか納得してしまいます。

しかし、ココにきて「亀山」「小倉」と新しい登場人物が!

あんこの食べ物に対するこだわりを感じます。

——————————————————

テレビやラジオで標準語の話しているのを毎日聞いていると、全国で言葉の意味が統一されて来そうなものですが、地域差が残っているだなんて面白いですね。

次の項では、中に入っているお餅にスポットを当ててみましょう。

スポンサードリンク


ぜんざいやおしるこに入っている餅にも違いがあるの?

いろいろな出身地の人が集まって話していると「お雑煮の餅といったら丸餅でしょ!」という人や

「ウチの地方では角餅だなあ」など、お正月のお餅に関しては、様々な意見が聞かれます。

では「ぜんざい」と「おしるこ」に関してはどうでしょうか。

いろいろな資料を見てみても、ぜんざいとおしるこで餅の種類が違っているという記述は見つかりませんでした。

ですが、地域や家庭によってお餅、白玉、よもぎ餅、道明寺餅、栗餅と様々な種類のお餅を入れて食べているようでした。

「これを入れるのがホンモノだ!」とは断言できませんが、どのお餅を入れても美味しそう…

好みのお餅を入れて楽しみたいですね。

まとめ

東北生まれの筆者からすると、実は「おしるこ」も「ぜんざい」もしっくり来なく、あんこがかかった餅は全部「あんこ餅」と家族が呼んでいたので

少々親しみがあるのは、冬になると自動販売機に並ぶ缶入りの「おしるこ」くらいでしょうか。

しかし呼び名は違えど、あんこは美味しいので大好きです。

違う地方の人と呼び名について話してみるのも面白そうですね。

「ぜんざい」も「おしるこ」も美味しくいただきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA