スーツの袖が長くてもレディースの場合は折ればいい?どれぐらいの長さがきれいに見える?

女性の社会進出が近年目立ってきており、スーツをビシッとキメてお仕事に励んでいる女性も多いですよね。

そこで今回は、就職活動の際、就業の際のレディーススーツの着こなしについて、特に袖の丈を中心にお話をしてまいります。

参考にしていただければ幸いです^^★

スポンサーリンク



スーツの袖が長いレディースものはどうしたらいい?

レディーススーツを買ったところで、袖の長さが合わなかった・・・という方、実は多いのではないでしょうか。

スーツの袖が少し長い/短いことで、印象はガラリと変わってしまうのです。

では、袖が長いとき、どうすればいいのでしょうか。

方法としては2つあります。

ひとつは、お店や業者に依頼してお直しをしてもらう場合。

もうひとつは、自分でお直しをする場合。

お店や業者に依頼する場合、必要となるのは、なんといっても費用でしょう。

お直しする長さによって金額に違いはありますが、3.5センチ未満の長さの直しであれば、3,000円前後が相場でしょう。

3.5センチより長い場合は、袖口のボタンを調整する必要が出てきて、それによってデザインも変わる可能性があるため、費用がかさんでしまうことも。

業者にお願いする中でも、袖を調節する方法と、肩の部分を詰めて袖丈の長さを調節する方法があり、後者の方法だと5,000~6,000円ほどの予算を見ておくとよいでしょう。

お店によって金額もそれぞれですので、事前に確認をしておくと予算も立てやすいですよね。

ご自身でお直しする場合、袖口を慎重に、丁寧にほどくことから始まります。

次に、設定したい長さから5センチほど残して裁断し、表地と裏地にアイロンを軽くかけておきます。

アイロンというひと手間で、縫いやすくなり、きれいな仕上がりになりますよ。

最後に、裏地にキセを約5ミリつけ、まつり縫いをしたら完成です。

時間と手間はかかりますが、業者にお願いして数千円かかるよりは、1、2センチ程度のお直しであればご自身で直して節約する方がお得に感じられるかもしれません。

袖口のボタンまで調節するとなれば、それ自体がただの装飾としてついているものならば、袖丈を調節したあとにボタンを付け替えれば問題ありません。

袖が開くスーツでそこにボタンがついているのであれば、袖丈を調節する必要があるので、袖丈とボタンのバランスを考えたら、業者にお願いする方が無難かもしれませんね。

スポンサーリンク



レディースのスーツの袖を折るのはマナー違反?

長さを調節するのにお直しをするのは手間だ、お金もできればかけたくない・・・という方、「スーツの袖を折って仕事をしたらダメなの?」とふとした疑問が浮かびますよね。

レディーススーツの腕まくりや袖折りのスタイルはマナー的に大丈夫なのでしょうか?

実は、袖を折ったり腕まくりしたりすることは問題ではありません♪

袖ボタンが付いているスーツジャケットについては、裏地が見えてもいいデザインとなっているので、袖まくりしても大丈夫なんです♪

気をつけるポイントとしては、インナーを見せないということです。

この点に気をつけて、仕事しやすいよう袖まくりをしてくださいね☆

スーツの袖の長さはレディースの場合はどれぐらいが理想?

レディーススーツの袖丈のお直しについてお話してきましたが、実際、どのくらいの長さの丈が理想のかたちなんでしょうか?

理想のかっこいいスーツとしては、ブラウスが袖から出ない程度で、女性の手首も隠れて見えないくらいの長さが標準的なかたちです。

手を下してみてください。

袖が手首にかかり過ぎていませんか?

ブラウスが見えていませんか?

ベストな丈としては、手のくるぶしが見え隠れするくらいだと言われています。

ご自身で調整するも業者にお願いするも、きちんと試着をしてベストな袖丈を見つけてからにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

レディーススーツの袖丈にも注意しながら、ビシッとキメてお仕事に励んでくださいねっ!!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA