冷蔵庫が停電すると何時間ぐらいで温度は高くなるの?すぐに腐るものは?

台風や地震などといった自然災害で停電になってしまった場合、もちろん電気で動いている冷蔵庫も機能が停止してしまいます。

冷蔵庫の中には常温で管理できない食材などがたくさん入っていることでしょう。

もし停電になってしまった場合冷蔵庫の中身はどれくらいの時間もつのでしょうか?

冷蔵庫の中身はどうなってしまうのでしょう。

停電になったときの冷蔵庫の対処の仕方についてご紹介します。

スポンサーリンク



冷蔵庫は停電のときに何時間もつの?

なんらかの自然災害によって停電してしまい避難する必要がない場合、ほとんどの人は家に中でしばらく過ごすことになると思います。

その際にあわててクーラーボックスや保冷バックに食材などをうつすということはかえって食材を早く悪くしてしまう可能性があります。

何時間後に電気が復旧するかにもよりますが、冷蔵庫は停電した後、扉を開けなければ中の温度がすぐに上がることはありません。

しかしここで注意することは1度でも扉を開けると一気に冷蔵庫内の温度は上昇しますのでご注意ください。

とにかく停電してしまったら冷蔵庫は開けないようにすることが大切です。

扉を一度でも開けなければ夏場なら2、3時間は保冷されたままです。

中には、半日持った、5時間は大丈夫だった、などという情報もありますがこれはあくまで個人差の問題です。

お腹が強い人は大丈夫だった食材も、お腹の弱い人には下痢や腹痛を発症するかもしれません。

ここで共通して言えるのはやはり停電後は絶対に扉を開けないことです。

冷凍庫は冷蔵庫よりも長い間保冷効果があります。

冷凍庫なら約4時間は大丈夫と言われています。

凍ったものがパンパンに詰められていたらなおさら保冷効果は高いといえます。

もちろん夏場より冬場の方が長く保冷効果は期待できます。

冷蔵庫は停電すると温度はどれぐらい高くなるの?

上記でも述べましたが、停電後冷蔵庫の扉を一度でも開けてしまうと庫内の温度は急激に上昇します。

冷蔵庫内の食材がどれくらい詰まっているかによっても異なりますが、ある程度食材が詰まっている冷蔵庫だと30秒間扉をあけると18度近く上昇することがわかっています。

扉を一度も開けずにいれば3時間程度で5度くらいの上昇といったデータもあります。

一度扉をあけてしまうと、室温30度の状態で5秒あけると冷蔵庫内の温度は1~3度ほど上がってしまいます。

停電時に冷蔵庫内の食材をより長く保冷させるにはとにかく扉を開けずに保冷効果を持続させることが優先です。

普段から冷蔵庫内にカーテンを付けたり、冷蔵庫内に食材を詰め込みすぎないように整頓しておくこともいざという時に役立ちます。

突然の停電ではなく計画停電の場合は、あらかじめ準備する時間がありますので、冷蔵庫内の温度を高めに設定するなど、中身を整理するなどといった対策が可能です。

逆に冷凍庫は物がたくさん詰まっている方が保冷効果は高いので保冷剤なども多めに凍らせておくとよいでしょう。

スポンサーリンク



冷蔵庫が停電するとすぐに腐るものは

停電した際でも冷蔵庫の扉を開けなければ3時間程度は中身が腐ることはありません。

しかし復旧がそれを越える場合や、誤って冷蔵庫の扉を開けてしまった場合は中身の腐敗がより早く進んでしまいます。

まず中身を確認するときに最初に気を付ける食材は、肉や魚などの生ものと、乳製品と卵です。

肉や魚などの生ものは冷蔵庫から出してすぐに食べるようにしてください。

その際に念のため加熱調理をすることをお勧めします。

お刺身なども念のため火を通したほうがよいでしょう。

次に乳製品ですが、こちらも一度冷やしてあったものが温度の高い状態に戻ると傷んでしまうため加熱するか思い切って処分するようにしましょう。

卵は食品衛生法で10度以下の保存することが望ましいといわれていますが常温で販売しているスーパーもあります。

これは、卵は一度冷えた状態から常温に戻ると殻の周りに水滴がつき、そこから菌の増殖が始まります。

菌の付着という点も頭において卵はかならず加熱して食べるようにしてください。

夏と冬では、冷蔵庫の保冷効果の時間も異なってくるので食材の傷みも夏場の方が早いです。

冬場の停電なら野菜や果物は外の風通しのよいところに出すなど状況に応じて対応するようにしましょう。

まとめ

突然の停電、何をどうしていいのかわからなくなります。

一番大切なのは慌てて冷蔵庫を開けて食材を早く傷ませないようにすることです。

数時間は電気がなくても保冷効果はありますので、安心して過ごすようにしてください。

普段から冷蔵庫内のメンテナンスに気を付けていれば、いざという時に役にたつのでぜひ実践してくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA