古い汗染みの落とし方は?脇汗の黄ばみ取りとかにはどんな洗剤がいい?重曹やセスキ水どれがいいの?

タンスの肥やしになっていた白いシャツ、久しぶりに出してみて、古い汗ジミや黄ばみにショックを受けたことがある人もいるでしょう。

古い汗ジミは、どうすれば落とすことが出来るのでしょうか。

今回は古い汗染みの落とし方についてまとめました。

ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク



古い汗染みの落とし方は?

1年以上たっている、頑固な古い汗ジミを落とすのには、強力は漂白パワーが必要になります。

それほど時間がたっていないものであれば、漂白剤に浸け置きし、気になる部分は固形石鹸でもみ洗いをして、普通に洗濯をすればきれいになります。

それでも落ちないような汗ジミに対しては、生地が傷むことを覚悟で臨む必要があります。

汗ジミの原因は皮脂です。

そして、漂白剤は、お湯が高温であるほど効果を発揮します。

漂白効果を高めるために、お湯をはったなべに漂白剤と洗濯洗剤を入れて、30分ほど煮込み、そのまま1日浸け置きをして、その後普段どおりに洗濯をします。

これでたいていの汗ジミは落ちるかと思います。

それでも難しい場合には、重曹と漂白剤をお湯で溶いてペースト状にし、古い歯ブラシなどで汗ジミの部分に塗りこみ、スチームアイロンをあて、汗ジミが落ちたところで普段どおりに洗濯をします。

上記の方法はいずれも、高温で皮脂を浮かせて落とす、という方法で、手間はかかりますが家庭でも実践できる、漂白方法です。

いずれも強力な洗い方ですので、多少なりとも生地は痛んでしまいますが、白さを取り戻すことはできるでしょう。

スポンサーリンク



脇汗の黄ばみ取りにおすすめな洗剤は?

さて、脇汗の黄ばみ取りにおすすめの洗剤、漂白剤は、中性洗剤、酸素系漂白剤です。

塩素系漂白剤は、台所用ハイターやカビ取り剤などの家庭用品でよく使用されており、漂白効果が高く使いやすいイメージがありますが、臭気が強く毒性があること、生地へのダメージが大きく、生地の色落ちがしやすいというデメリットがあります。

一方、酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤に比べると安全性が高く、生地に対するダメージが少なく、色落ちしにくいために色柄物にも使えるというメリットがあるものの、金属部分などは変色するので注意が必要です。

いずれの場合も、衣類の洗濯表示をよく確認して、その衣類に適した洗剤、漂白剤を使用する必要があります。

洗剤や漂白剤は、粉末のものと液体のものがありますが、相対的に粉末のほうが洗浄力、漂白力は高めです。

また、酸素系漂白剤は、生地へのダメージが少ないといっても、まったくダメージがない、ということではありませんので、心配であれば濃度薄めるなどして調整する必要があります。

自宅での漂白がやはり心配、という方はクリーニング店に相談するとよいでしょう。

汗染みは重曹やセスキ水でも落ちるの?

汗ジミは、重曹やセスキ水でも落とすことができます。

重曹は、掃除や洗濯のほか、消臭剤などさまざまな目的で使用されますが、この重曹には、皮脂汚れを乳化させて浮き上がらせる効果があり、また研磨作用があるため、前述した漂白剤とのペーストを使用することで、汚れを擦り取る効果も期待できます。

漂白剤のように生地を傷めることがないので、重曹のみで汚れを落とすことができるのであれば、なお良いでしょう。

また、最近耳にすることが多くなったセスキ水、これはセスキ炭酸ソーダというものですが、手肌に優しい上に重曹よりも水に溶けやすく、洗浄力が高いというメリットがあり、重曹と同様に家庭での掃除、洗濯に利用されています。

弱アルカリ性であるために、油や皮脂汚れ、手垢、血液汚れといった酸性の汚れを取るのに効果を発揮します。

頑固な黄ばみ汚れを落とす方法は、前述の重曹と漂白剤のペーストを汗ジミ部分に塗りこみ、古い歯ブラシなどで軽くこすり洗いをし、必要に応じて浸け置きをしてから、普段どおり洗濯をするだけです。

重曹とセスキ水は同じような使い方ができ、どちらも汗ジミをとることに使えますので、気になる汗ジミ、黄ばみがあった場合には試してみてください。

まとめ

古い汗ジミ、黄ばみの落とし方について参考になったでしょうか。

汚れの性質や生地によって、適した洗剤や漂白剤などがあります。

適したものでないと、十分に汚れを落とすことができなくなりますので、注意して洗うようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA