リクルートスーツは喪服に使える?普通のスーツとの違いは?喪服がないときは?

年を重ねていくと、葬儀など冠婚葬祭の場も増えていきますよね。

急なお通夜や葬式が入ったとき、喪服を着用しないといけませんが、喪服を準備していなかったとき、就活用に準備していたリクルートスーツは使えるのでしょうか?

基本的にはきちんと喪服を準備しておかなければいけませんが、突然の訃報に服装の準備ができていないこともたまにありますよね。

そこで今回は、リクルートスーツは喪服に利用できるのか、喪服とリクルートスーツの違いなどをご説明していきたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



リクルートのスーツは喪服に使える?

突然の訃報に対して、葬儀に出席する場合は、喪服が必要となります。

しかし、喪服を用意しておらず、リクルートスーツしか持っていない!という方も少なくないと思います。

葬儀へ出席する際、リクルートスーツで参加してもいいのでしょうか?

お通夜に出席する場合、リクルートスーツでも構いません。

お通夜は平服で参列しても大丈夫であると認識されています。

突然の訃報からまずはお通夜で故人をしのぶとされています。

出先から直行する方、突然のため喪服の準備ができずに参列する方もいらっしゃいます。

派手な格好はふさわしくありませんが、光沢のない無地の黒い服装でまとめて出席してもいいと思いますよ。

この場合、リクルートスーツでお通夜に参列してもいいでしょう。

ただ、最近ではお通夜でも喪服を準備し参列される方がほとんどです。

マナー違反ではありませんが、急なこととは言え、非常識であると認識されてしまうかもしれないので、取り急ぎ駆け付けたことを伝えるか、どうにかして喪服を着用して行くことをおすすめいたします。

正式なセレモニーである葬式や告別式に参列する場合は、喪服を着て行くようにしましょう。

スポンサーリンク



スーツと喪服の違いは?

葬式や告別式は喪服で、そしてお通夜へはスーツで行ってもマナー違反ではありませんがなるべく喪服で参列した方がいいということがわかったところで、スーツと喪服の違いって一体何なのでしょうか?

まず、色味が違います。

喪服はもちろん黒で、スーツも黒色のものを用意したとします。

同じ黒でも、色の深みや濃さが違います。

喪服の方が黒の色が濃く、深みがある一方、スーツは喪服に比べるとグレーのように見えるくらいです。

黒の色味が濃いということは、それだけ何回も染めているということで、高級品に値します。

喪服などの礼服は、色が濃いほど高級品であるとされており、重厚感も持ち合わせているんですね。

そして、生地にも違いがあります。

スーツには安価なポリエステルが含まれており光沢が出て、喪服にはウールなどの上質な繊維が含まれており光沢がありませんので、濃い黒色と合わせてさらに重厚感が出ます。

色や生地の違いから、スーツの方が安価で喪服の方が高価であることがすぐわかりますよね。

喪服がない場合はスーツでもいいの?

喪服がない場合、スーツで参列してもいいのでしょうか。

先述した通り、お通夜には平服で参加してもOKなので、スーツでも構いませんが、黒いスーツ、黒いネクタイというスタイルで行くと良いでしょう。

ただし、ボタンの色が金色だったりスーツにストライプなどの柄が入っていたりするものは控えておきましょう。

しかし、お通夜が平服OKだとしても「非常識だ」とレッテルを貼られるかもしれませんし、葬式や告別式となると必ず喪服を着用しなければいけないので、やはり喪服は準備しておいたほうが無難だと思います。

どうしても喪服がないという場合は、家族や親戚、友人に借りるか、最近では喪服のレンタル会社もあるので、どうにかして借りるという手段もありますよ。

また、これを機に、喪服を購入するのもいいかもしれませんね^^

いつ訃報が入るかもわかりませんし、大人になったら一着は礼服も持っておきたいところ。

喪服一式揃えておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

訃報は突然やってきます。

喪服がない場合は、お通夜であればスーツでも構いませんが、葬儀や告別式に出席する場合、またお通夜でも喪服の方がほとんどですので、喪服をどうにか準備する方がいいと思います。

遺族に弔意を伝えるためにも、故人をしのぶためにも、きちんとした格好で行きましょうね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA