波浪警報は学校や保育園はどうなるの?休みになるの?親が仕事のときはどうすればいい?

最近よく耳にする自然災害。

台風などによって発表される「波浪警報」または「大雨・洪水警報」を最近テレビで見ることがあります。

子供を持つ母親として、登校させるのは不安です。

最近では大震災による津波・悪天候による天気の不安定で沿岸部にお住いの方は波浪警報等に怯えることが多かったように感じます。

ここでは、悪天候時に発表される「波浪警報」により各種学校の対応について調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク



波浪警報は学校はどうなるのか?

そもそも「波浪警報」というのは、波浪注意報よりもレベルは高く、高波などによって大きな災害が起こる可能性があることを気象庁が判断し、警告することを言います。

沿岸地域だからこそ発表される警報ということになりますね。

沿岸地域にある各種学校では、各警報に対してマニュアルがあり学校でも至急対応することになっています。

そして警報に関して学校に指示を下すのは、最終的には自治体またはその教育委員会ということになります。

登校前の早い時間であれば、学校で職員が天候を確認し学校長の指示を生徒宅になんらかの方法を使って通達します。

今は、ラインやメール機能で学校と保護者が直接つながっている小中学校・高等学校がほとんどですので安心して登校を待ちましょう。

しかしながら、波浪警報で休校になるケースはこれまでどの地域でもあまりありません。

波浪警報で予想される被害よりももっと大きい場合の警報(暴風警報など)では休みになるケースが多いようですね。

地域によって休みになるかは違いますので、お住まいの危機管理係か通っている学校にお問い合わせになるのが一番の方法と思います。

スポンサーリンク



波浪警報のとき保育園は?

波浪警報や注意報は、主に沿岸部に発表されますがそれだけで休園または休校になるケースはあまりありません。

沿岸部という地域柄、それなりの災害に対して大事にならないような対策が取られていることもあり、波浪警報だけではあまり休園措置をとらないのです。

私立保育園では、結局休園にするかどうかはその施設の代表が決定することになっています。

全国の保育園を調査すると、ほとんどが私立ですので他の園が休んでいるから必ず保育園は休みになる、というわけではないのです。

地域によって天候にも差がありますので、ニュースで波浪警報が発表されたらまず園に確認を入れることです。

保育園に通う園児は、まだ小さく保護者の送迎やバスでの送迎が必要です。

その時間帯までに結果が出ればいいのですが、登園の時間まで時間に余裕があれば園に問い合わせ、逆に登園時間を過ぎてからの発表といった状況ならとりあえず園に向かいましょう。

あとは職員の指示に従って行動するのみですね。

保育園に入園する前に、災害時の対応を予め確認しておくのもいいでしょう。

波浪警報で休みになる時はどんな時?

                      

基本的に波浪警報だけの発表では各学校・園は休みにはなりません。

波浪警報から暴風警報や大津波警報に切り替わった時点で、休校などの措置を取るところが多いです。

波浪警報は、あくまで高波警報と同じで波が押し寄せて被害が出る恐れがあるという定義ですから、その予想被害よりもレベルが高くならなければ公共施設である学校や保育園を休む決定は出しません。

しかし、周囲がすべて海だったり大規模な川が流れる地域などはそんなこともいっていられませんよね。

いくらそのような定義があったとしても、周辺住民には不安を与えるだけです。

自治体によっては、担当部署で休校を許可するところもあるとか。

その際は、平等に公立小中高等学校は休校となるようですが、私立に関しては地域により違いが出るようです。

しかし近年の災害状況を考えれば、この定義も考え直す必要があるのではという意見も多いと聞きますね。

災害対策も大事ですが、一番は予防することだと思います。

まとめ

自分は沿岸部で生活していますが、確かに波浪警報の数は多いように思いました。

でもその割には発表のみに終わり、特段不安を与える警報ではないというレベルなのでしょう。

でも、最近は突然起こる災害がとても多いです。

その際に起こる住民のパニックを防ぐためにも、休校措置の面は考え直してもいいと考える人達は意外にいるようですね。

自分も二人の子供(高校生・小学生)の親としては、早い段階で休校なのかその必要のない場合は理由を発表してもらいたいと思っていますが。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA