袖丈の着物と長襦袢で袖丈が長い時の調整の仕方は?

着物の下に着る長襦袢は、外から見えないから、どんなものでもいいのかな・・と思っていらっしゃる方はいませんか?

それは、大きな間違いなのです。

着物は洋服とは違って、衿、袖口、振りから襦袢が見えてしまいます。

ちらりと見えるのは上品でいいのですが、着物の袖から長襦袢がパタパタを見えてしまうのは、せっかくの着物姿なのにとても残念なものです。

長襦袢の寸法は、着物の姿をより美しく見せるためのベースとなるものなので、とても大切なのです。

では、長襦袢の袖丈が着物の袖丈よりも長かった場合、どうすればいいのでしょうか?

長襦袢の袖丈が長い場合の対処方法についてのアドバイスをお伝えします。
「袖丈の着物と長襦袢で袖丈が長い時の調整の仕方は?」の続きを読む…

冬の結婚式の靴やストッキングは寒かったらどんなのがいい?着替えを会場ですれば寒い格好でもいい?


結婚式に招待されると嬉しいものですが、どのような服装にしようか迷ってしまいますよね。

特に冬場の結婚式では、寒さや降雪があると、靴やストッキングをどうしようかと考えてしまうものです。

ここでは、冬の結婚式に出席するときの足元の装いや会場での着替えについて説明します。
「冬の結婚式の靴やストッキングは寒かったらどんなのがいい?着替えを会場ですれば寒い格好でもいい?」の続きを読む…

冬の結婚式のドレスのおすすめは?寒い時の上着はどんなものがいい?

結婚式は、服装のマナーであるドレスコードに悩みます。

それが冬の結婚式であればなおさらです。

防寒に欠かせないタイツ、コートなどの冬の必須アイテムが、フォーマルな場所ではマナー違反とされています。

では、冬の結婚式に出席するときのスタイルのマナーはどのようなものなのでしょうか?

冬の結婚式のゲスト向けの服装マナーについてお伝えしていきます。
「冬の結婚式のドレスのおすすめは?寒い時の上着はどんなものがいい?」の続きを読む…

結婚式の内祝いのお礼状を親戚に出すときに封筒や便箋はどんなものがいい?

結婚式に呼ばなかった方や欠席された方から結婚祝いを頂いた場合には、内祝いとして品物と併せてお礼状も一緒に送ります。

内祝いのお礼状を親戚に出す際には、どんな封筒や便箋を使用すればいいのかを調べて見ました!
「結婚式の内祝いのお礼状を親戚に出すときに封筒や便箋はどんなものがいい?」の続きを読む…

結婚式のお礼状はいつまでに出すの?遅くなったら年賀状と一緒でもいい?

結婚式の後は何かと忙しく、お礼状を出す事は少々負担を感じる事のひとつのようです。

結婚式に来て下さった方などへのお礼状はいつまで出せば失礼にあたらないのか、年賀状と一緒でも問題がないのかを調べて見ました!
「結婚式のお礼状はいつまでに出すの?遅くなったら年賀状と一緒でもいい?」の続きを読む…