年末のカレンダーの渡し方で挨拶に行くときはアポは必要?配布時期はいつから?

社会人の年末の業務には、挨拶周りが付き物ですよね。

その際、手土産としてカレンダーを持参する事もあるでしょう。

そのカレンダー、正しく渡せる自信がありますか?

詳しく見ていきましょう。
「年末のカレンダーの渡し方で挨拶に行くときはアポは必要?配布時期はいつから?」の続きを読む…

年末の挨拶を取引先にいつからしてもいいの?今年もお世話になりましたは使ってもいいの?


年末は、何かと慌ただしいですよね。

しかし、年末の挨拶を疎かにしてはいけません。

この記事では、取引先に対する年末の挨拶について、説明していきます。
「年末の挨拶を取引先にいつからしてもいいの?今年もお世話になりましたは使ってもいいの?」の続きを読む…

年末のビジネスメールで社内に出すときの書き出しと締めの言葉はどうしたらいい?

年末になると、仕事が忙しくなる事が多いですよね。

そんな時でも疎かに出来ないのが、年末の挨拶メールです。

ですが、社会人の経験が浅いと、どう書いて良いのか分からないと思います。

詳しく説明していきます。
「年末のビジネスメールで社内に出すときの書き出しと締めの言葉はどうしたらいい?」の続きを読む…

伊達巻にはんぺんを使う時にミキサーなしでフライパンで焦げ目を上手につけるには?

おせちの定番、伊達巻。

大人も子供も大好きですが、結構なお値段ですね。

スーパーでも1本1000円以上はします。

切って食べると、大家族だと一人2切れずつ・・なんて淋しい気持ちになってしまいます。

卵、はんぺんなどと家にある材料とミキサーがあれば、手作りできると聞きますが、ミキサーがないと作れないのかしら・・と思ってしまいます。

大丈夫です、どこのご家庭にもある調理器具を使って、簡単に作れます。

手作り伊達巻、作ってみませんか?
「伊達巻にはんぺんを使う時にミキサーなしでフライパンで焦げ目を上手につけるには?」の続きを読む…

数の子の塩抜きに失敗しない時短の方法は?冷蔵庫で保存する方法は?

おせち料理には、縁起のよいものとなっています。

定番の数の子は、ニシンの卵で、二親(ニシン)からたくさんの子が出るからめでたいと子宝と子孫繁栄を願ういわれがあります。

数の子は保存のため塩漬けされています。

食べるときは、うまく塩抜きをしないと塩辛いままになってしまいます。

ちょっとお手間だけど丁寧に塩抜きすることで、おいしく独特の歯ごたえを楽しめる味になります。

数の子の塩抜き方法、保存についてのポイントをお伝えします。
「数の子の塩抜きに失敗しない時短の方法は?冷蔵庫で保存する方法は?」の続きを読む…